2014年10月27日

「木枯らし一号」吹く

今日、近畿地方で「木枯らし一号」が吹いたそうです。
どんどん、冬が近づいてきてますね〜。
私は、もうすでに「春一番」が恋しい。

ちなみに、近畿地方の「木枯らし1号」は
霜降(そうこう・10月23日ごろ)から
冬至(とうじ・12月22日ごろ)の間に、
西高東低の冬型の気圧配置で、
最大風速8メートル以上の北よりの風、
という条件を満たした最初の日に発表されるらしいです。

ところで、この「木枯らし一号」は
関東地方(東京)と近畿地方(大阪)でしか発表されないとか。。。

なぜだ。。。なぜ、東京と大阪だけなんだ!
気になるぅ〜。


話しは変わりますが
10月23日は、二十四節気のひとつ「霜降(そうこう)」でしたね。

霜降と聞くと、いつも思い出す笑い話がひとつ。

まだ、会社員だった頃のこと
ランチから帰ってきた50代後半の男性の上司が
「今日は、霜降り(しもふり)だって♪」と
機嫌良さそうに、ニコニコしながら言ってきました。

霜降り(しもふり)って???
今日の夕飯は、上等なお肉!って
奥さんからのメールを見て喜んでいるのかと、
周囲の同僚たちと話していた私。

その後、エレベーターに乗ると
今日の出来事などがテロップで流れる電子掲示板に
「今日は、霜降です」との文字が・・・。

まさか、あの上司は
霜降(そうこう)を、霜降(しもふり)と読んだのでは!!!!!

一緒にその文字を見た同僚たちと
「お肉じゃなかったんだ〜」と、なんとも言えない雰囲気に。

でも、ただ言い間違えただけかもしれないし
もし、本気で間違えたのなら他の誰かに言ってしまわないうちに
正した方が良いと思い、それとなく伝達。

私「エレベーターの電子掲示板に、今日は霜降ですって流れてましたね」
上司「そうこう???」

私「はい、霜が降りるって書いて霜降です。二十四節気のひとつですよ」
上司「・・・・。」

どうやら、本気で間違がってたようです。

私も、こんな間違いを知らず知らずのうちに
やってるんだろうな〜と、我が身を案じたのでした。


タグ:季節
posted by ショコラ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話

2014年10月13日

「老人のつぶやき」オフコース

久々のブログ更新、1年10ヶ月のご無沙汰でした。
その間、みんなに「どうしたの?」と聞かれたのですが
人生色々あるもので・・・。

フリーライターの仕事は、おかげ様で順調なのですが
プライベートでバタバタしておりました。

これからまた、少しずつブログをアップしていきたいと思います。
時間のあるときに、ぜひ覗きにきてくださいね!

*********************************

最近、私の頭の中でヘビーローテーションのように、
ぐるぐる流れる歌があります。
それは、オフコースの「老人のつぶやき」。

その歌を初めて聴いたのは、たぶん十数年前。。。もしかすると
20年ぐらい経っているかもしれません。

友人から自分がセレクトした楽曲集みたいなのをプレゼントされ
その中にこの曲が入っていました。
たぶん20曲近い音楽が入っていたと思うんですが
なぜか、この曲のことしか覚えてなくて
他にどんな曲が入っていたのか思い出せません・・・(汗)

ボーカル・小田和正さんの透き通るような優しい歌声と
せつない歌詞、穏やかに包み込むようなメロディー。

この曲が、こんなにも長く私の記憶に残るなんて、
思ってもいませんでした。

♪〜♪〜「老人のつぶやき」♪〜♪〜

大空へ 海へ 故郷へ
私はもうすぐ帰ってゆく
大空へ 海へ 故郷へ
私はもうすぐ帰ってゆく

いつまでも空を見上げて
老人はあの頃を思い出すのだろう

私の好きだった あのひとも今では
もう死んでしまったかしら

大空へ 海へ 故郷へ
私はもうすぐ帰ってゆく
私の短い人生は
私の生き方で生きたから

もういちど若い頃に
戻りたいと思うこともない

ただあのひとに私の愛が伝えられなかった
それがこころ残りです

私の好きだった あのひとも今では
もう死んでしまったかしら

♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪

当時は、世の中というものを知らず
根拠のない小さな自信を持っていた頃で
向こう見ずなこともできた若く青い年頃でしだ。

♪ もういちど若い頃に、戻りたいと思うこともない ♪
数十年先、自分の人生を振り返る歳になったとき
「悔いはない」と思える生き方をしようと心に誓った。

♪ ただあのひとに 私の愛が伝えられなかった それがこころ残りです ♪
私もそんな、せつない恋愛をするのだろうか。
と、会ったこともない相手に思いを馳せた。

今まで私がどんな恋愛をしてきたかは、さておき。
これまでの人生を振り返っても、
やり直したいと思う年代は見当たらない。
ずっとそう思ってきた、少なくとも1年数ヶ月前のあの時までは・・・。

人生の節目節目、何かあるたびに
後悔しないことを基軸に、人生の選択をしてきた。

けれど、自分のことに集中するあまり
当たり前過ぎる大きな存在に気付いていなかった。

私が産まれてから数十年という長い年月の間、
あなたにそれを伝える機会は、充分すぎる程あったはずなのに。

その言葉を口にできたのは、白・黄色・紫の菊や純白のカサブランカ
品格ある胡蝶蘭など、色とりどりの芳しい花に囲まれ
大きな桐の蓋が閉まるその瞬間だった。

あなたの短かった人生。
闘病の間、母親になった日のことを何度も話してくれた。

優しく笑ってくれるうちに、元気なうちに
「ありがとう」と伝えられなかったこと。

それが私の後悔であり、唯一のこころ残り。

実直で、しなやかな芯の強さを秘めた母は
自分の人生を、悔いなく生きることができただろうか。




タグ:
posted by ショコラ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | よもやま話

2013年01月05日

巳年となる今年は「蛇神」を祀る大神神社(おおみわじんじゃ)へ初詣!

2013年の干支は「巳(み)」。

「巳」という字は、胎児の姿を表した象形文字だそうです。
また、蛇が冬眠から覚めて地上にはい出す姿を表しているとも言われ、
「従来の生活に終わりを告げる、始まりのとき」といった
意味があるようです。

さて、今年はどのようなことが始まるのか。。。


DSCF1683.JPG
大きな門松が参拝者を出迎えてくれた
 奈良県桜井市三輪の「大神神社」

巳年となる今年は「蛇神」を祀る
大神神社(おおみわじんじゃ)へ初詣!!

別名、三輪明神、三輪神社とも呼ばれる
日本最古の神社、大神神社は
奈良盆地をめぐる円錐形の山、
三輪山そのものがご神体(神体山)で
本殿をもたず拝殿から三輪山自体を拝む古神道(原始神道)の神社です。

三輪山に鎮座する大物主大神は、
水神・雷神を司る「蛇神」なんだとか。

DSCF1690.JPG DSCF1691.JPG
↑お正月だけあって、参道はたくさんの人で賑わっています
 人がとぎれるのを待って写真を撮りました。


DSCF1695.JPG
↑蛇があしらわれた手水舎で手と口を清め、拝殿へ

DSCF1701.JPG

本殿は設けず、この拝殿の奥にある三ツ鳥居を通し、
ご神体となる三輪山を拝するという、
原初の神祀りで参拝します。


DSCF1709.JPG
↑大きな杉の木の前には
 巳さんの好物とされる卵が、酒とともにお供えされています

江戸時代には、「雨降杉」とあり、雨乞いの時に里の人々が集まり、
この杉にお詣りをしました。

いつの時代からか、杉の根本に、巳(み=蛇)さんが
棲んでいると言われるようになり、
「巳の神杉」と呼ばれるようになったそうです。


DSCF1734.JPG
↑三輪山への登拝口の入り口に、大神神社の摂社となる
 「狭井神社(さいじんじゃ)」があります。


DSCF1748.JPG

狭井神社は、古くより華鎮社(はなしづめのやしろ)と称され、
病気を鎮める神様をお祀りしています。
みんなそれぞれ無病息災を願って参拝しているのでしょうか。


DSCF1744.JPG
↑狭井神社の裏にある「薬井戸(くすりいど)」
 この井戸から湧き出る水は、万病に効くと言わるご神水。

社名の「狭井」とは、神聖な井戸・泉・水源という意味があるようです。

薬井戸のご神水は、自由に飲むことができます。
私もいただきました。

なかには、ペットボトルなどに汲んで持ち帰る人もいますが
狭井神社の社務所でも、ペットボトルに汲まれたお水が
売られているので、容器を忘れても大丈夫ですよ。


DSCF1738.JPG
↑三輪山への登拝口

ご神体となる三輪山は、松・杉・檜などの大樹に覆われ
山内の一木一草に至るまで神宿るものとして、
一切斧(おの)が入れられていません。

神宿る山ゆえに、早い時代からみだりに
足を踏み入れることの出来ない禁足(きんそく)の山となり、
江戸時代には幕府より厳しい制札が設けられ、
神社の山札がないと入山することは出来ませんでした。

明治以降は、この伝統に基づいて
「入山者の心得」が定められ、
現在ではこの規則を遵守すれば登拝(とはい)することが出来ます。

狭井神社(さいじんじゃ)の社務所で、申し込みを行い
お祓いをすませて登拝します。

往復所要時間約2時間、多くの入山登拝の人たちが
山の中へと進んで行き、頂上付近の磐座を熱心に拝むのだそうです。


posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣