2012年07月28日

「明石海峡大橋」のてっぺんに登りました!


神戸市垂水区舞子と淡路島を結ぶ、
全長約3,911m世界一長いつり橋、しかも2つのギネス記録を持つ
「明石海峡大橋(愛称:パールブリッジ)」の
てっぺんに登ってきました!!

私が参加したのは「ブリッジワールド」が主催する
体験型ツアーです。

普段は立ち入れない管理用通路から
明石海峡大橋のてっぺん(主塔の塔頂)までを
橋の建設に携わったツアーリーダーが案内してくれます。


DSCF7628.JPG

集合後に、ツアーの注意事項と説明があり誓約書にサイン。
ヘルメットをかぶり、カメラや携帯を落とさないよう
ストラップにつなぎ首から下げて
明石海峡大橋の主塔登頂の体験ツアーがスタートします。

最初は、明石海峡大橋と隣接する「橋の科学館」で
ツアーリーダーの方が、世界最長の橋の建設や技術・歴史などについての
説明があります。ジョークなどを交えながら話をしてくれるので
とても分かりやすい内容でした。


DSCF7647.JPG 1999年(平成11年)4月、明石海峡大橋は
 2つのギネス記録の認定を受けました。

 1)中央支間長(主塔から主塔までの長さ)が
   一番長い橋 → 約1,991mあります

 2)主塔の高さが一番高い橋
   → 海面から約300mあります

↑「橋の科学館」では、この2つの認定証を展示しています。



DSCF8177.JPG

明石海峡大橋は、約40年の調査期間を経て
1988年(昭和63年)5月、現地工事に着手
およそ10年の歳月をかけて1998年(平成10年)4月に完成しました。

ところが、完成の約3年前(1995年・平成7年、1月)に
阪神淡路大震災が発生、震源地は現地から約1km離れた場所でした。

ただちに調査が行われ、地震の地殻変動で
主塔と主塔の間が約1m広がっていることが判明。
構造計算など強度に関する見直しの結果、部材の寸法変更だけで
安全が保たれることが分かり、工事は無事完成。

その結果、中央支間長(主塔から主塔までの長さ)が
約1,990m → 約1,991m になったのだそうです。


DSCF7635.JPG
↑明石海峡大橋の真下から淡路島方面を望む。
 この橋桁(はしげた)の中を歩きます。


DSCF7649.JPG
↑「橋の科学館」での説明が終わり、
 いよいよ明石海峡大橋の登頂に向けて出発です。


DSCF7655.JPG
↑普段は入れない管理用通路を歩きます。
 当然のことながら、眼下は大海原が広がっています。


DSCF7657.JPG
↑海を真下に見ながら普段、味わうことのない体験に
 ワクワク&ドキドキ♪♪刺激があって楽しい!!


DSCF7667.JPG
↑この橋桁(はしげた)の中を、舞子から淡路島に向かって
 約1kmほど歩きます。私たちの頭上は、車が走っている道路です。


DSCF7660.JPG DSCF7658.JPG
↑海面から約65mの高さとなる橋桁の中は、
 溝ぶたのような格子になっていて海が丸見え!
 ちょっと足がすくみます、高所恐怖症の方は無理かも。。。
 主塔までの約1km、この状態が続きます。


DSCF7673.JPG
↑主塔に到着!!真下には、主塔を支える丸く白い基礎部分が見えます。

DSCF7678.JPG DSCF7681.JPG
↑てっぺんの98階までは、エレベーターで約2分!あっという間に到着です。

DSCF7682.JPG DSCF7683.JPG
↑エレベーターを降り、通路を歩き階段を登ると
 ギネス認定!世界一高い主塔のてっぺんです!


DSCF7684.JPG
↑写真の右側は、神戸市の舞子方面。左側は、淡路島方面です。
 参加者みんな、高欄から覗き込むように眺望を楽しんでいます。

ギネス記録が認定された約300mの主塔の高さは
奥に見える四角い塔の上部までの高さで
東京タワー(約333m)とほぼ同じです。


DSCF7699.JPG ちなみに、ツアー参加者が
 立っているのは、
 海面から約289mの主塔中心部。

 東京タワーの特別展望台の高さは約250m、
 横浜ランドマークタワースカイガーデンの
 展望フロアの高さは約273m、
 東京スカイツリーの天望回廊の高さは約450m。


2012年5月22日までは、明石海峡大橋が
日本国内で一般人が登れる最も高い建築物だったのですが
世界一高い電波塔としてギネス記録に認定された
「東京スカイツリー」の開業にともない
その座を譲り渡すこととなりました。


また現在、立て替え工事中の大阪・阿倍野の
「あべのハルカス」が完成(2014年3月竣工予定)すれば
高さ約296mの横浜ランドマークタワーを抜き
高さ約300mの日本一の超高層ビルとなります。

「あべのハルカス」の展望台も、
屋上付近に予定しているらしいので
明石海峡大橋は、また席を譲ることになるかもしれません。




長い前置きはここまでにして・・・。
では、ご覧いただきましょう!

ため息がでる圧巻の風景、
これが「明石海峡大橋」主塔からの眺望です!!


DSCF7689.JPG
↑神戸市の舞子方面の眺望です。

DSCF7688.JPG
↑真下を見ると、米粒のように小さい車が往来しています。

DSCF7704.JPG
↑3つのアーチを描く砂浜がアジュール舞子の海岸(右奥)で、
 その奥は、須磨や三宮方面です。


DSCF7737.JPG
↑写真の左側は、明石方面です。
 この日は、太陽の日差しがサンサンと降り注ぐ暑い日でしたが
 海面から約289mの上空を吹く風は、心地よかったです。



そして、こちらが淡路島方面の眺め!!
少しスモックがかっていますが、伸びやかで広大な風景です。


DSCF7746.JPG
↑2本目の主塔があんなに小さく見えます。
  今、私たちが立っている主塔から向こうに見える
 主塔までの長さ(約1,991m)がギネス記録に認定されています。


DSCF7750.JPG
↑霞んでいるのが少し残念ですが、
 淡路島と青い海のコントラストが良い感じです!!


DSCF7725.JPG
↑明石海峡では、1日に約1,400隻の船が往来するそうです。
 背の高い船でも通れるように、橋桁は海面から約65mの高さに
 設計されています。



主塔での約20分の滞在時間を堪能し、てっぺんから降り
来た道から少しコースを変えて戻ります。


DSCF7794.JPG

体験ツアー終了から数時間後、夕暮れを迎えます。

DSCF8154.JPG

太陽の就寝後には、明石海峡大橋のイルミネーションが始まります。

ライトアップパターンは、
国際的な照明デザイナーの石井幹子さんがプロデュース。

1092個の特殊照明装置(イルミネーションランプ)により、
四季折々に光の表現で姿を変える大橋が
夜の明石海峡をロマンティックに演出。

神戸の夜景&デートスポットになっています。


DSCF8205.JPG



〜 「日本書紀」巻第13の話 〜

紀元14年、允恭天皇(いんぎょうてんのう)の御代に、
帝が淡路島を訪れ猟をしました。
ところがいつもは大猟なのに、その日は一獣もとれません。

そこで、占いをたてたところ
島の神のお告げがあり、明石の海底にある真珠を探し献上せよ。
とのこと。

里中の海人(もぐり手)が海に潜りますが、
誰も海底深淵に、たどり着けません。
そんな中、阿波国・長村の海人が現れ
光を放つ岩陰に大きな鮑を見つけ、手に取り海面に上がります。

大鮑の中には、桃ほどの見事な真珠が入っていて
帝がその真珠を神に捧げると、大漁の猟がとれ民が潤った。
と書かれています。


明石の海と淡路島、真珠が登場するこの物語を知ってか否か、
明石海峡大橋は「パールブリッジ」の愛称で知られています。
不思議な縁ですね。





タグ:神戸

2012年06月14日

王子動物園 迫力と微笑みの仲間たち

神戸市立王子動物園の白いインドクジャクに続き
その他の楽しい動物たちをご紹介します♪
(「白いインドクジャク」の文字をクリックするとブログが開きます!)

でも、たくさんの動物がいるので全部は紹介しきれないため
私がピックアップした動物たちになりますが。。。

クジャクの柵と目と鼻の先で、サーモンピンクの華やかさをアピールしているのは
フラミンゴです。この動物園では、30年連続でヒナが生まれ
日本一の繁殖実績なんだとか。


DSCF5921.JPG  DSCF5923.JPG

DSCF6008.JPG 「瑠璃色の風が今にも吹いてくるのを
 待ちかまえているじゃないか」

 これは、高村光太郎が駝鳥(ダチョウ)を
 題目に書いた詩の一節。

 詩のタイトルが思い出せないのですが、
 学校で「智恵子抄」と一緒に習いました。

 その当時の私にとって「瑠璃色の風」という表現と
 動物の気持ちを代弁したような詩が
 印象的だったせいかダチョウをみると、
 なぜか、この一節が頭に浮かぶのです。

 やはりこのダチョウも、
 故郷の風を待っているのでしょうか。


DSCF6022.JPG
 こちらは、暑さでダレた「アカカンガルー」。
 まるで、真夏の昼間にステテコ姿で
 昼寝をしている、おじさんのようです。

 あまりのリラックスぶりに、
 クスクスと笑ってしまいました。
 お茶目ですね。










DSCF6032.JPG
 アカカンガルーの親子です。

 そばにいるのは、お父さんでしょうか。
 親子のスリーショットが
 撮影できるなんて、すごい!
 思わずガッツポーズ!!

 お母さんのお腹の袋から、
 子供が顔を出しています。
 可愛いすぎる♪♪


 あまりにも可愛いので、
 もう少し大きな写真でご覧ください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


DSCF6033.JPG

愛らしい動物だけじゃない。猛獣もいます!
このトラ、すごい迫力です。
ガラス越しだと分かっていても、ちょっと怖い。


DSCF6171.JPG

DSCF6173.JPG
↑外国のお客さんが大興奮で写真を撮っています。

DSCF6176.JPG

岩の上から入園者を見下ろす、オスのライオンと
下から見上げるメスのライオン。


DSCF6177.JPG
↑メスライオンの後ろには、お客さんが・・・。
ガラス越しだけど、ドキドキする。


DSCF6067.JPG
↑シベリアオオヤマネコです。この写真では分かりにくいのですが
耳から長い毛が伸びています。
横切るとずっと眼で追ってきます、すごく睨まれました。


DSCF6179.JPG
↑ユキヒョウです。ふかふかで気持ち良さそうな毛並みです。

ここからは、3つまとめて紹介いたします。


DSCF6076.JPG  DSCF6093.JPG

DSCF6106.JPG

この他、パンダ、コアラ、鹿、ゾウ、サル、インコ、ワニ、キリン、カバなど
たくさんの動物がいます。

中学生以下は入園無料!
そのせいか、子供連れのファミリーがたくさん来ていました。
子供も片言の言葉で一生懸命、動物に話しかけていましたよ。



タグ:神戸

神戸市立王子動物園 白いクジャク


昨年の年末から、ずっと頭から離れない映像があります。

記憶が定かではないのですが
幼稚園の頃(?)か、小学校低学年の頃(?)に見て
おっかなビックリしながら、眼をキラキラさせて見たもの。

それは・・・、飾り羽を広げた「インドクジャク」の姿。

深い緑と目が覚めるようなブルー、そして特徴的なその模様、
優美な扇を広げたような姿が、チラチラと顔を覗かせます。

なぜ、そんな記憶を今思い出したのかは分からないのですが。。。


初めて見たとき、クジャクは檻の中ではなく
動物園の園内を自由に歩き回っていたので、幼かった私は
自分の背丈ぐらいあるクジャクを見て
興味があるのに、近づけず遠巻きに怖々と眺めていたのを覚えています。

あの時のように、美しく飾り羽を広げたインドクジャクが見たい!!

ということで、関西でインドクジャクを飼育している動物園を調べ
問い合わせてみると、羽を広げるのはオスがメスにする求愛行動なので
繁殖期(早春から初夏にかけて)にならないと見られないとのこと。

ということで、待つこと数ヶ月。
やってきたのは、神戸市立王子動物園!!


DSCF5920.JPG

入園してすぐ目の前が飼育されている檻です。
早速、飾り羽を広げているインドクジャクを発見!!
古い映像を再現したような、懐かしい気持ちです。


DSCF5928.JPG
↑一羽は、奥で羽を広げ、もう一羽は手前の岩の上にとまっています

DSCF5992.JPG
↑手前にいるメスに向かって、羽を振るわせて猛烈にアピールしているのですが
相手にされていないようで・・・。


DSCF5997.JPG
↑広げた飾り羽の色彩がとてもキレイです。
もっと近くで見たいのですが、柵が邪魔をしてこれ以上近づけません。
しかも、飼育内の奥の方にいるのでカメラをズームにしても、これが精一杯。
こっちまで来てくれないかなぁ〜。

と、ふっと見ると、なんと


DSCF5987.JPG
↑すぐそこに「白いインドクジャク」がいる!!

DSCF5927.JPG
↑これは、突然変異ではなくれっきとした、白いクジャクなんだそうです。

DSCF5977.JPG
↑とても白く優雅で透明感のある飾り羽です。

DSCF5948.JPG
↑羽の先端って、丸い眼のようなものと「Y」字のものがあるんですね。
通常のインドクジャクでは、背景と同化してしまい分かりにくいのですが
白いとよく分かります。


実は、このキレイな羽
繁殖期が終わるとだんだん抜け落ち、体色もメスより地味になるんだそうです。
そして、繁殖期を迎える時期が近づくと
またこの長い、飾り羽が生えてきて求愛行動をとるようになるらしい。

抜け落ちるなんて知らなかった。
一年中ずっとそのままで、求愛行動のときだけ広げて
それ以外は、すぼめたままだと思ってました。

でも、よくよく考えると長いままだと邪魔ですよね〜。
野生で生活してると、敵に襲われやすそうだし逃げにくそうだもんね。
生え替わるのは、当たり前か〜。勉強になりました。


DSCF6157.JPG  DSCF5963.JPG
↑緑と色鮮やかなブルーで男性を魅了する社交的な女性と
白いドレスをまとった貴婦人のようです。(それぞれオスだけど・・・)

飾り羽が長いので、岩の上や木の上といった高いところで休むか
もしくは、地面に座り込むかのどちらかのようです。


DSCF6123.JPG  DSCF5999.JPG

ちなみに、後ろ姿はこんな感じ。
キレイなドレスの裏地を見ているようです。でも愛嬌のあるお尻がかわいい。。。


DSCF5958.JPG

DSCF5957.JPG

神戸市立王子動物園で見られるその他の動物たちは
「王子動物園 迫力と微笑みの仲間たち」で公開しています!
↑文字をクリックするとブログが開きますよ♪





タグ:神戸