2012年11月28日

松尾芭蕉 生誕の地「芭蕉翁生家」


松尾芭蕉は、今から370年近く前の江戸時代、
正保元年(1644)現在の三重県伊賀市に生まれました。


DSCF1559.JPG
↑松尾芭蕉の生誕の地「芭蕉翁生家」
 三重県伊賀市上野赤坂町(伊賀鉄道上野市駅から徒歩約10分)

建物は安政の大震災(1854)で全壊。
のちに改築されたのですがそれでも昔の面影が伝わってくる
建物になっていて楽しめましたよ。


DSCF1516.JPG 小さな入口(格子戸)をぐぐって中に入ります。
 テレビや映画の時代劇などをみていて
 何故あんなに出入り口が小さいのかと
 疑問に思っていたのですが・・・。

 その理由は、当時の平均身長にありました!!
 江戸時代の平均身長は、
 男性で145cm、女性で140cmほどだったそうです。

 現代の小学生・高学年ぐらいの身長ですよね。

 浦和にやってきた黒船のペリーは
 子供の国だと思ったんじゃないかと
 思うのでした。。。



DSCF1511.JPG

芭蕉翁生家の中に入ると
表(みせ)の間、中の間、奥の間があり、表の間には
芭蕉翁の座像がありました。


DSCF1519.JPG
↑奥の間からは、中庭が見えます

DSCF1545.JPG
↑中庭は、こんな感じです

DSCF1520.JPG

土間を奥に進むと水屋、釜戸、井戸、みそかめ、おひつ、とっくり、
ひき臼、番傘、十能、風呂場、便所などがあり
当時の生活ぶりをうかがい知ることができます。

この土間を奥までいくと裏庭に出ることができ
そこには、芭蕉の青年時代の書斎となる
「釣月軒(ちょうげつけん)」と名付けられた建物があります。


DSCF1533.JPG
↑「釣月軒」の入口

この「釣月軒」は芭蕉が生前中に
自署、自著として刊行した唯一の出版物『貝おほひ』を
執筆した記念すべき文学遺跡です。

この『貝おほひ』を文学の神で連歌の神でもある
上野天神宮へ奉納、俳諧師として世に立つ決意を示し
江戸へと旅立って行きました。

芭蕉が29歳の時のことです。
その後も幾度となくここへ帰郷していたといわれます。


DSCF1528.JPG
↑文机と行灯が置かれた質素な部屋に
 若き日の芭蕉の姿が忍ばれます。
 帰郷の時は、ここで寝起きしていたそうです。


DSCF1522.JPG
↑「釣月軒」の横・左奥には、芭蕉の木が植えられていました
 
日本史上最高の俳諧師といわれる芭蕉の
当初の俳諧名は、桃青でした。

当時、芭蕉の木は実もつけず弱い木だったことから
食料にもならず紙などの商品にすることもできなかったことから
なんの役にも立たない木だといわれていたそうです。

その芭蕉の木をみて、俳句を詠んだところで
腹が満たされるわけでもなく生活ができるわけでもない
人の役にたつことがないことをなぞって
自らの俳諧名を桃青から芭蕉に改名したと言われています。


121203_1250~0001.jpg 「おくの細道」「野ざらしの旅」など
 後生に残る名作を生み出した芭蕉は
 元禄7年(1694)10月12日、51歳のとき
 旅先の大阪でその生涯を閉じました。

 その終焉の地は、御堂筋の拡幅工事の
 あおりで取り壊されましたが
 現在は、大阪の御堂筋沿いにある
 南御堂のほぼ前あたり
 御堂筋の本線と測道の間のグリーンベルトに
 石碑が建てられています。

 また、亡骸は芭蕉の遺言により
 現在の滋賀県大津市にある
 「義仲寺(ぎちゅうじ)」に運ばれ
 木曾義仲の墓の隣に葬られたそうです。

 ←「此附近芭蕉翁終焉之地」
 と書かれた石碑。



タグ:三重
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名建築

伊賀上野城と小さな忍者


三重県伊賀市の上野公園内に
清らかにその姿を称える藤堂高虎ゆかりの
伊賀上野城(別名:白鳳城)がある。


DSCF1352.JPG

もともとは、筒井定次(つついさだつぐ)が築城したのですが
豊臣秀吉の没後、徳川家康が関ヶ原の戦いに勝ち、
豊臣政権の継承者としての地位を確立するため失政を理由に改易。

その後の慶長13年(1608)8月、
徳川家康は信任が厚かった藤堂高虎(とうどうたかとら)に
来るべく大坂との決戦に備え伊賀上野城を任せます。


DSCF1357.JPG

筒井定次の城は、大坂城の出城として大坂を守る形をとっていたのに対し、
藤堂高虎の城は、大坂を攻撃するための城と全く逆の立場の城となりました。

当時、大坂城には豊臣秀頼がおり
豊臣氏包囲網の一城となったのです。

築城の名手だった藤堂高虎は、上野城を有事の根城として
本丸を西に拡張し、高さ約30mという高石垣をめぐらし
筒井氏の築いた城の大改修を行いました。


DSCF1363.JPG

天守閣の中は博物館として利用されており
鎧甲や刀、殿様が乗っていた駕籠などが展示されています。


DSCF1366.JPG
↑藤堂高虎が豊臣秀吉から拝領したといわれる兜(三重県指定文化財)
 のちに藤堂良重が拝領、この兜をかぶり大坂夏の陣に出陣し
 豊臣方と戦い討死したといわれています。


DSCF1387.JPG
↑階段で二階に上がると格天井になっていて
 面々たる著名人の絵画や書が飾られていました。


DSCF1400.JPG
↑一番驚いたのはこの絵!横山大観が描いた月の絵だそうです。
 こんな所で思いがけずこんな素晴らしいものを
 拝見できるなんて感激です♪


DSCF1403.JPG DSCF1401.JPG
↑名前をみると徳川家や徳富蘇峰などの著名人ばかりです

現在の天守は、昭和10年(1935)に地元の名士・川崎克氏が私財を投じて
純木造の復興天守として再建しました。
名前は、伊賀上野城ではなく伊賀文化産業城と言われていたそうです。

個人的に、川崎克氏に拍手喝采です。
よくぞ純木造で再建してくれました!!

大阪城に初めて行ったとき、コンクリート造りとエレベーターに
かなりどん引きしました。興ざめもいいところです。

確かにお城を造ること自体、巨額の資金も必要ですし
維持管理も大変ですが、そのためにコンクリートで作ってしまうのは
いかがなものかと内心思ったものでした。


DSCF1398.JPG
↑欄間も弓と弓矢で作られています。細かい造りに関心してしまいます。

DSCF1379.JPG
↑窓からはかつての城下町をみることができます。
 当時はどのような風景が広がっていたのでしょうか。


DSCF1428.JPG
↑天守閣を出て掘りを見下ろしてみると!

DSCF1432.JPG
↑これが高さ約30mの高石垣(たかいしがき)です。
 大阪城の石垣と日本で一位・二位を争う高さだそうです。

ちなみに城跡は、昭和42年(1967)に国史跡に
天守は、昭和60年(1985)に伊賀市の文化財に指定されています。


DSCF1439.JPG
↑上野市の向こうに見える山々も紅葉して美しい。
 秋の空に良く映えています。


DSCF1453.JPG DSCF1468.JPG
↑イロハモミジでしょうか、上野公園内の木々も色鮮やかに染まっていました。


のんびり散策していると木の陰から
背中に刀を差した小さな小さな忍者がひょっこり走ってきました。
なんて可愛いらしい♪


DSCF1458.JPG DSCF1459.JPG

どうやら兄弟のようです。
ゴムの手裏剣を投げたり、斜面をのぼったり元気に走り回る
子供たちをお母さんと祖父母がニコニコと眺めています。

伊賀といえば、やはり伊賀流忍者ですよね。
まさかこんな形で出会えるなんて♪

可愛い〜♪と騒いでいたらおじいさんが
衣裳貸してもらえるよ!と教えてくれました。
どうやら大人でも変身できるらしい。

毎年「忍者フェスタ」というものが開催されているようで
その時期になると大人も子供も忍者に扮し
町中が忍者だらけになるんだとか。

身を隠すのが忍者でしたが平成の忍者は
目立つことを許されているようです(笑)



タグ:三重
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名建築

2012年08月04日

「暗夜行路」完結の地 志賀直哉旧居


奈良県奈良市高畑にある「志賀直哉旧居」は
今年(2012年)で築後84年になります。

一生で28回も転居した、白樺派の文豪・志賀直哉が
昭和4年から9年間(46歳〜55歳まで)住んだ邸宅で
平成12年に、登録有形文化財に指定されました。

昭和53年6月、学校法人奈良学園は
解体の話が出ていたこの旧居を、厚生省社会保険庁から譲り受け
今では、奈良学園の学生が気軽に利用できる
セミナーハウスとして使用しているほか、一般にも公開しています。


DSCF8624.JPG
↑志賀直哉旧居の表門(入口)

この旧居(敷地435坪、建物134坪)は、志賀直哉が自ら設計。
数寄屋風の造りを基調にし、洋風や中国風の様式も取り入れたモダンな
邸宅になっています。


DSCF8634.JPG
↑玄関を入ったところ。雰囲気があって期待感アップです。

DSCF8641.JPG
↑係の方の誘導にともない、まずは2階から見学。
 2階には、「客間」と「書斎」の2部屋あります。

廊下の天井は、数寄屋造りでよく見られる船底天井になっていました。
窓の外には、時代を感じさせる雨戸です。

突き当たりの部屋が、客間で右手前の部屋が書斎です。
書斎は、1階と2階にそれぞれ1部屋づつあります。


DSCF8676.JPG
↑客間の窓からは、若草山や庭の緑が見える2面開口!開放感抜群です!!
 雪見障子が、いい雰囲気を演出しています。


DSCF8655.JPG
↑客間の窓から見た北側の風景。

当時は、もっと見えていたに違いない若草山が見えます。
瓦屋根の後ろ、木々が茂っていて分かりにくいのですが、
チラッと若草山が見えます。


DSCF8661.JPG
↑客間の窓の下には、池のある前庭が広がっています。

この旧居には、前庭・中庭・裏庭の3つの庭があります。
ほとんどの部屋が庭に面しおり、窓が大きくとられているため
風通しが良く、気持ちのいい住空間になっています。

この日は、真夏の太陽がジリジリと注ぐ暑い日でしたが
室内でじっとしていれば、エアコンいらずの快適さでした


DSCF8648.JPG
↑2階の書斎。6畳の和室・南向き。

部屋の前にあった説明書きによると、
この部屋で「暗夜行路」の後編を完結した。
とありました。

そう思いながら部屋をみると、なんだかしみじみ見入ってしまいます。

大正10年(1921年)暗夜行路 前編 
昭和12年(1937年)暗夜行路 後編を発表し
連載から17年目に完結。


志賀直哉、唯一の長編小説である『暗夜行路』は
近代日本文学の代表作の一つに挙げられ、
小説家・大岡昇平は、近代文学の最高峰であると讃えています。

志賀直哉の小説について、
芥川龍之介は、自分の創作上の理想と呼び
小林多喜二は、心酔し
小林秀雄は、視覚的把握の正確さを評価しています。

昭和24年(1949年)親交を深めていた
谷崎潤一郎と共に、文化勲章を受章しています。


DSCF8688.JPG
↑1階の書斎。6畳の洋室・北向き。

若い頃の志賀直哉は、北向きの部屋が好きだったようです。
明るすぎると気が散るので、机の上だけが明るく他は薄暗いほうが
良かったようです。

ただ、年とともに北向きの寒さが身にこたえるようになり
2階・南向きの書斎を使うようになった、とありました。
1階の書斎は、夏だけ使っていたようです。


DSCF8677.JPG
↑1階・書斎の天井。
 さりげない所に凝るデザインが、とても格好いい♪


DSCF8767.JPG
↑中庭を囲むように、ぐるっと廊下が回っています。
茶室もあり中庭に、にじり口や待合いがあります。


DSCF8706.JPG
↑浴室は、角形の五右衛門風呂。そして当時としては、
 ハイカラだったはずのシャワーが付いています。

DSCF8733.JPG
↑約20畳の食堂。

白壁の天井、珍しい赤松の長押(なげし)、
大きな牛皮張りのソファーなど数奇屋風、洋風、中国風を調和させた
モダンな造りになっています。

ひっきりなしに人が訪れた志賀邸では
来客もここで家族と一緒に食事をしたそうです。

また、この食堂は子供たちの娯楽施設としても使ったとか。。。
ちなみに、子供は2男7女(うち2人は幼くして亡くなっている)で
妻は、武者小路実篤の従妹・勘解由小路康子(かげゆのこうじ さだこ)です。


DSCF8745.JPG
↑食堂の横には、約15畳のサンルームがあります。

窓からは裏庭の緑が見え、室内に注がれる天窓からの光は
まさに天から差し込む後光のようです。
床には、タイルではなく特注の瓦が使われているそうです。
なんとも、おしゃれです


DSCF8721.JPG
↑食堂とサンルームは、出窓風のカウンターで仕切られ
 モダンな雰囲気と空間の広がりをうまく演出しています。


DSCF8718.JPG

このサンルームは、別名「高畑サロン」と呼ばれた有名な部屋。

武者小路実篤、谷崎潤一郎、小林多喜二、尾崎一雄といった
白樺派の文化人や画家などの錚々たる面々が訪れ、
それぞれの想いを語り、囲碁やトランプをするなど
娯楽を楽しんだと言われています。

パチンッという囲碁を打つ音、風が運ぶ裏庭の木々の香り
扇子を扇ぎながらお茶を飲み談話を楽しむ。
それぞれの想いが行き交う、高畑サロンの風景を想像していると
当時の音が聞こえてきそうです。


DSCF8740.JPG
↑台所は、食堂とサンルームの両方に、行き来出来るよう設計されていました。

台所にも窓が施され、明るく風通しも良い。
また、今でいうところのシンクやコンロのスペースにも
ゆとりがあって使いやすそうです。


DSCF8736.JPG
↑台所・シンクの横には冷蔵庫がありました。
 昭和初期の当時としては、珍しかったはず。。。贅沢だ。


DSCF8742.JPG
↑台所・水屋の両サイドは、食堂(左)とサンルーム(右)へと
 通じています。来客が多いせいか、使いやすいように設計されています。


DSCF8712.JPG
↑食堂から見るとこんな感じ。
 水屋を通じて食堂と台所で、出し入れが出来るようになっています。
 これは、便利です。


DSCF8757.JPG
↑広縁から見た、裏庭の眺め。広縁の床は、板間ではなく畳になっていました。

サンルームにある少し大きめの、にじり口をくぐると
婦人の部屋へ通じる広縁があります。

広縁は、婦人の部屋から子供部屋へと続いているのですが
母親が子供に干渉しすぎないよう、
また子供の独立心を育てるため壁で仕切られています。


DSCF8752.JPG
↑広縁に面する、婦人の部屋です。
 すっきりとした数寄屋造りの和室になっています。

南向きの日当たりの良い部屋で、サンルームと子供部屋の間という
行動能率の良い場所に配置されています。

また、サンルームと子供部屋に1部屋挟むことで
子供が騒いでもサンルームに聞こえづらく
逆にサンルームでの談話が子供の勉強を邪魔しないように
配慮されています。

DSCF8760.JPG
↑裏庭の片隅に、子供用の小さなプールがありました。
 志賀直哉って子煩悩だったんだな〜、と思った瞬間でした。


DSCF8763.JPG
↑裏庭から見た、サンルーム。
 芝生で緑化されているせいか、涼やかな感じでした。


DSCF8764.JPG
↑裏庭から見た、婦人の部屋と子供部屋(右奥)。
 木々の陰で、強い日差しが室内に入るのを防いでいるようです。


高畑サロンでの談話や子供たちの賑やかな声。
みんなで食事をし、庭を眺め
窓から若草山の四季を愛でた奈良の暮らしは
執筆への想像力に一役かっていたのかもしれませんね。

久しぶりに「暗夜行路」を読んでみようかな。



タグ:奈良
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名建築