2012年07月14日

蓮(ハス)の早朝観賞! in 万博記念公園


蓮(ハス)の花が咲くとき「ポン」と、
かすかな音がするんだそうです。

「開花音を聞けば、悟りが開ける、地獄に堕ちず成仏できる」という
言い伝えがあり、その音を聞いた人は幸せになれる!!といわれています。

その話を耳にして、蓮に興味を持ったのは
十数年前のまだ20世紀だった頃。

最初は「ポン」というその音を聞いてみたい!と、
思っていたのですが、尊く咲く花の姿を見たら
そんな思いもどこへやら。

DSCF7159.JPG

今日、やってきたのは大阪・万博記念公園の
はす池で開催されている
「早朝観蓮会(そうちょうかんれんかい)」です。

なぜ、早朝なのかというと・・・。

蓮華(レンゲ)とも呼ばれる「蓮(ハス)の花」は
早朝から咲き始め、昼には花が閉じてしまうから!
最適な観賞時間帯は、早朝6時ごろ〜9時ごろなのです。

ちなみに、童謡「ひらいた ひらいた」の歌詞には
「ひらいた、ひらいた、何の花が開いた、
レンゲの花が開いた、開いたと思ったらいつの間にかつぼんだ」
とありますが、ここに出てくるレンゲの花とは
野に咲く「レンゲ草」のことではなく
水辺に咲く「蓮華(レンゲ・ハス)」のことなんですよ。


DSCF7050.JPG

万博記念公園のはす池には「大賀蓮」「舞妃蓮」「ネール蓮」など
26種1,200株のハスが咲き誇り
蓮の見頃にあわせ、朝6時から入園を始めます。

ということで、始発電車を乗り継ぎ万博記念公園へ。
着いたのは、朝6時半!!
天気予報通り、曇り一時雨というビミョ〜な天気。


DSCF6995.JPG
↑早朝にもかかわらず、すごい人です。しかもカメラが、ずら〜り並んでいます。
 年配の方ばかりかと思いきや、20代の若い男女の姿もあり
 なかには、カップルの姿もあって・・・、早朝デートのようです。

DSCF7160.JPG DSCF7158.JPG
↑花びらの縁に、うっすら薄紅色をさした白い蓮は
 なんと清らかで神々しいことか。


DSCF7261.JPG
↑仏教では清浄のシンボルとされ、泥の中から美しい花を咲かせることから
 悪い環境に染まらず清く生きることにたとえて
 「泥中之蓮(でいちゅうのはす)」といわれます。


DSCF7109.JPG
↑咲き始めの蓮の花と花が散ったあとにできる花托(果托・かたく)です。
 花托には、種ができます。


蓮(ハス)の呼び名は、花が散ったあとにできる花托が
「蜂巣(ハチス)」に似ていることから
短くなって、ハスになったとか。

また、蓮の花のことを「蓮華(レンゲ)」、
蓮の種を「蓮の実」、蓮の根を「蓮根(レンコン)」と呼び
野菜として食されています。

蓮の実は、精進料理にかかせない食材で
滋養強壮、疲労回復、精神安定、健胃、下痢止め、減肥作用などの
効能があり生薬として、またお茶(ハス茶)としても食され
古代中国では、皇帝への貢物として珍重されていたそうです。

とうことで、はす池にある「はす庵」では
観蓮会期間中の特別営業として早朝から
蓮の実を使った「朝粥定食」が食べられます。


DSCF7025.JPG
↑お粥の中央にあるのが「蓮の実」です。
 栗とゆり根と銀杏をたして割ったような味で、ホクホクとして美味しかったです。


蓮の実をお粥にして食べると精力がつくそうで
店員さんは「長寿祈願をしてお召し上がりください」と言っていました。
長寿になるかどうかは別として、胃にやさしいお粥と蓮の実なので
夏バテには効きそうです。


201207140653000.jpg
 その他に、蓮の葉でお酒やお茶を飲む
 「象鼻杯(ぞうびはい)」もやっていました。

 葉の表面に、お酒またはお茶を注ぎ、
 茎からストローのように吸って飲みます。

 葉の様子が、象の耳と鼻にみえることから
 象鼻杯というそうです。






DSCF7072.JPG
↑蜂たちの足には花粉玉、蜜を求めて花から花へ飛び回っていました。

DSCF7214.JPG DSCF7116.JPG

DSCF7244.JPG DSCF7065.JPG

蓮は植物の中でも、もっとも古い品種の一つで
約1億4000万年前には、地球上に存在していたといわれます。

蓮の実の皮はとても厚く、土の中で発芽能力を
長い間保持することができるそうで
遺跡などから発見された蓮の実の発芽にも成功しています。

例えば、2000年前の弥生時代後期の実を発芽させた「大賀蓮」、
約1400年から3000年前の実を発芽させた「行田蓮」、
約800年前の実を発芽させた「中尊寺蓮」などがあります。

これらは、総称して「古代ハス」と呼ばれ
日本各地はもとより世界各国に根分けされています。

この万博記念公園の蓮の中にも「大賀蓮」があるんですよ!
私には見分けがつきませんが・・・。


DSCF7209.JPG

蓮の花の命は、わずか4日。

1日目の早朝、蕾をふくらませ
「ポン」と小さくつぶやき開花した花は、お昼前までに花を閉じます。
2日目も早朝から咲き始め、また閉じる。
これを3回繰り返し、4日目の朝には散り始めます。

(開花音が聞ける可能性があるのは、1日目の咲き始めだと
 どこかで聞いたことがあります。確証はないのですが・・・。)

厳しい環境の中で、永くじっと耐えて咲いた花は
儚く短い栄華を謳歌するように、色鮮やかに重々しく咲き誇り
潔く散ってゆくのです。


DSCF7266.JPG DSCF7264.JPG


「花は散るからこそ美しい」と、誰かが言っていました。

蓮の花のように、環境に左右されることなく
自分をしっかり持ちたいと願いはしても
人は、散ることを畏れて生きている。

手放したくないと握りしめたその手の中にあるものは
いったい何なのか。




タグ:大阪
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 花巡り

2012年06月17日

藤森神社の「あじさい祭り」

DSCF6196.JPG
↑学問・勝運と馬の神社「藤森神社」参道の入口(京都市伏見区)

『勝運を呼ぶ神様「藤森神社」で雅楽と舞楽』のブログは
↑コチラ↑からご覧になれますよ!クリックしてくださいね。

DSCF6203.JPG 藤森神社、参道の入口にある鳥居には
 他の神社で見かける「額」がありません。

 境内にあった記述によれば、昔は
 「藤森大明神」の額が掲げてあったそうです。

 江戸時代、前の道が参勤交代の
 道筋にあったことから
 大名行列が神社の前を通ると時には
 大名は駕籠から降り、騎乗の者は下馬し、
 槍を持つ者は穂先を下げ
 拝礼をして通行する習わしがあったそうです。

 幕末の動乱期に、新撰組の近藤勇が
 これを悠長なこととして
 額を外し持ち去ったのだそうです。


DSCF6223.JPG
↑木の切り株に、しめ縄が張られている本殿横の「旗塚」

「旗塚」は、イチイガシの木で「いちのきさん」と呼ばれ
お参りすると腰痛が治るといわれています。

先ほど登場した、新撰組の近藤勇も参拝し
治癒したと伝えられているそうです。


DSCF6373.JPG

 本殿の東側には、
 大きなクスノキがあります。
 見えにくいのですが、
 右奥にあるのが「旗塚」です。

 また、本殿の南西にある手水舎の台石は
 宇治浮島の十三重の塔の第九層を
 あの石川五右衛門が持ってきたとの
 言い伝えがあるそうです。
 (写真を撮りそこねました。。。泣。
  機会があれば撮影してきます、
  いつになるかは・・・)





では、おまちかね、前編『勝運を呼ぶ神様「藤森神社」で雅楽と舞楽』のあとは
後編「あじさい祭り」のご紹介です!!
  ↑クリックするとブログが開きますよ!

DSCF6534.JPG

昨日は、どじゃぶりの雨だったので、
天気が気になっていたのですが、今日は曇りのち晴れ。

ただ、雨に濡れたあじさいが見られないのが少し残念。。。
個人的に、濡れてなお美しく見える花は
あじさいと花菖蒲ぐらいではないかと思っています。


DSCF6571.JPG
↑人の背丈ほどある、あじさいにビックリです!大きい

DSCF6398.JPG そのため、普段はなかなか見ることの出来ない
 あじさいの裏側も余裕でみることができました。

 藤森神社の境内には、
 2箇所のあじさい苑があります。
 延べ面積約1500坪、3500株の
 あじさいが咲いています。

 が、宮司さんいわく今年は、
 寒かったりゲリラ豪雨だったりと
 天候不順なこともあり、あじさいの咲き具合は
 イマイチなんだそうです。

 でも、心配することなかれ!
 あじさいは、こんなにもキレイでしたよ。
 写真満載で一気にご紹介します。


DSCF6464.JPG

DSCF6489.JPG
↑ぶどうの房のように白いあじさいが咲いていました。
こんな、あじさいがあるんですね。


DSCF6381.JPG  DSCF6460.JPG

あじさいは、小さな花びらの集合体に思われますが
これは、花びらではなく「ガク」なんですよ。
花は、その奥にある小さく丸いのがそうなんだそうです。


DSCF6428.JPG  DSCF6502.JPG

DSCF6492.JPG  DSCF6443.JPG

あじさいは、土の成分によって花の色が変わるといわれますが
同じ場所なのに、違う色の花が咲いているのをみると、疑問がわいてきます。
なぜだろう?もっと詳しく調べてみたい。。。


DSCF6505.JPG  DSCF6407.JPG

トトロの道を歩くような子供の後ろ姿が愛らしい。

DSCF6526.JPG


posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 花巡り

2012年05月05日

乙訓寺(おとくにでら)で、初対面!

てんとう虫がイチジクの葉を冒険する初夏の頃。
いつの間にか季節は進み、新緑が風を誘う五月を迎えました。


DSCF4287.JPG

奈良の長谷寺を本山とする真言宗のお寺「乙訓寺」は、
美しい牡丹のお寺としても知られています。


DSCF4292.JPG

昆虫も喜ぶ季節です♪密をもとめ花から花へ。

DSCF4332.JPG

白い和傘が牡丹の日よけをうけおう境内。
もみじの影が和傘の模様のように見えて素敵です。


DSCF4313.JPG

気になる牡丹の開花状況は・・・、ちょっと遅かった〜。
でも、散る間際の牡丹も、それはそれでいいものでした。


DSCF4328.JPG  DSCF4369.JPG

何色というのでしょうか。
濃い深紅色の牡丹を見つけ、珍しい色だなと思いしばらく眺めていました。
優雅で品のある牡丹は、存在感ありますね。


DSCF4396.JPG  DSCF4403.JPG

DSCF4356.JPG

このお寺は、真言宗の開祖「空海」と天台宗の開祖「最澄」が
初めて対面したことでも知られ、日本仏教について熱く語り合ったと言われています。


DSCF4303.JPG

境内には、弘法大師空海が手植されたとする「菩提樹」が青々と茂っていました。
あまりにも、いきいきとしていたので本当に?とちょっと疑念が・・・。
歴史とはそんなものと言われれば、それまでですが。


DSCF4364.JPG

その他、こんな可愛い花も咲いていました。
今度は、蕾から咲き始めの頃の牡丹を見たいですね。


DSCF4339.JPG



posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | 花巡り