2012年11月28日

松尾芭蕉 生誕の地「芭蕉翁生家」


松尾芭蕉は、今から370年近く前の江戸時代、
正保元年(1644)現在の三重県伊賀市に生まれました。


DSCF1559.JPG
↑松尾芭蕉の生誕の地「芭蕉翁生家」
 三重県伊賀市上野赤坂町(伊賀鉄道上野市駅から徒歩約10分)

建物は安政の大震災(1854)で全壊。
のちに改築されたのですがそれでも昔の面影が伝わってくる
建物になっていて楽しめましたよ。


DSCF1516.JPG 小さな入口(格子戸)をぐぐって中に入ります。
 テレビや映画の時代劇などをみていて
 何故あんなに出入り口が小さいのかと
 疑問に思っていたのですが・・・。

 その理由は、当時の平均身長にありました!!
 江戸時代の平均身長は、
 男性で145cm、女性で140cmほどだったそうです。

 現代の小学生・高学年ぐらいの身長ですよね。

 浦和にやってきた黒船のペリーは
 子供の国だと思ったんじゃないかと
 思うのでした。。。



DSCF1511.JPG

芭蕉翁生家の中に入ると
表(みせ)の間、中の間、奥の間があり、表の間には
芭蕉翁の座像がありました。


DSCF1519.JPG
↑奥の間からは、中庭が見えます

DSCF1545.JPG
↑中庭は、こんな感じです

DSCF1520.JPG

土間を奥に進むと水屋、釜戸、井戸、みそかめ、おひつ、とっくり、
ひき臼、番傘、十能、風呂場、便所などがあり
当時の生活ぶりをうかがい知ることができます。

この土間を奥までいくと裏庭に出ることができ
そこには、芭蕉の青年時代の書斎となる
「釣月軒(ちょうげつけん)」と名付けられた建物があります。


DSCF1533.JPG
↑「釣月軒」の入口

この「釣月軒」は芭蕉が生前中に
自署、自著として刊行した唯一の出版物『貝おほひ』を
執筆した記念すべき文学遺跡です。

この『貝おほひ』を文学の神で連歌の神でもある
上野天神宮へ奉納、俳諧師として世に立つ決意を示し
江戸へと旅立って行きました。

芭蕉が29歳の時のことです。
その後も幾度となくここへ帰郷していたといわれます。


DSCF1528.JPG
↑文机と行灯が置かれた質素な部屋に
 若き日の芭蕉の姿が忍ばれます。
 帰郷の時は、ここで寝起きしていたそうです。


DSCF1522.JPG
↑「釣月軒」の横・左奥には、芭蕉の木が植えられていました
 
日本史上最高の俳諧師といわれる芭蕉の
当初の俳諧名は、桃青でした。

当時、芭蕉の木は実もつけず弱い木だったことから
食料にもならず紙などの商品にすることもできなかったことから
なんの役にも立たない木だといわれていたそうです。

その芭蕉の木をみて、俳句を詠んだところで
腹が満たされるわけでもなく生活ができるわけでもない
人の役にたつことがないことをなぞって
自らの俳諧名を桃青から芭蕉に改名したと言われています。


121203_1250~0001.jpg 「おくの細道」「野ざらしの旅」など
 後生に残る名作を生み出した芭蕉は
 元禄7年(1694)10月12日、51歳のとき
 旅先の大阪でその生涯を閉じました。

 その終焉の地は、御堂筋の拡幅工事の
 あおりで取り壊されましたが
 現在は、大阪の御堂筋沿いにある
 南御堂のほぼ前あたり
 御堂筋の本線と測道の間のグリーンベルトに
 石碑が建てられています。

 また、亡骸は芭蕉の遺言により
 現在の滋賀県大津市にある
 「義仲寺(ぎちゅうじ)」に運ばれ
 木曾義仲の墓の隣に葬られたそうです。

 ←「此附近芭蕉翁終焉之地」
 と書かれた石碑。



タグ:三重
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名建築
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61443454
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック