2012年09月22日

京都 西陣でみた京町屋の坪庭


みなさんは、京都の「西陣」をご存じでしょうか。
そう、いわずと知れた西陣織の織物産業が集積する場所です!

たまに「西陣」という住所があると勘違いされるのですが
これは、その辺り一帯を指す言葉で西陣という住所は存在しません。

では、京都のどのエリアを指すのかというと
京都府京都市上京区から北区あたりで
上京区内、東の堀川通から西の七本松通、
北の鞍馬口通から南の中立売通あたりまでの範囲の中を指すと
考えられていますが、正確には定められていないようです。

今日、紹介するのはその西陣の街に今でも残る
京町屋の坪庭風景です!!

この日は「千両ヶ辻祭り」の催しで通常は見学できない
京町屋の坪庭を見学することができました。

※千両ヶ辻とは、西陣が最盛期だった頃についた通りの名前(辻・道の名前)で
 安倍晴明を祀る清明神社から西へ行った所にあります。


DSCF0379.JPG
↑京都を代表する写真家 水野克比古さんの自宅
 お祭りの日は、着物などを飾りお庭の雰囲気を盛り立てています


DSCF0382.JPG

また、水野克比古さんの自宅の向かい側には
明治初期の表屋造り町屋を修復した
水野克比古フォトスペース「町屋写真館」があり
水野克比古さんと息子さんの水野秀比古さんの作品が展示されています。


DSCF0391.JPG
↑水野克比古フォトスペース「町屋写真館」の中庭です。いい雰囲気です。

普段は、予約制で公開(入場無料)しています。
予約が無いときは閉館したままなので、
お立ち寄りの際は、事前に予約してくださいね。

↓水野克比古フォトスペース「町屋写真館」の連絡先

http://craft.kyoto-np.co.jp/osusume/mizunoshashinkan.html

DSCF0394.JPG
↑水野克比古フォトスペース「町屋写真館」のおくどさん。
 (おくどさんとは、台所のことです)


DSCF0398.JPG
↑天井が高く黒光りした梁に歴史を感じます

次に拝見したのは「願いが叶う松」のある坪庭です。
そのお庭があるのは、お誂え着物絵師
南 進一郎さんの作業場&お店の「夷風(いふう)」です。


DSCF0457.JPG

残暑厳しい夏の日、うずまき型の蚊取り線香とその香りに
懐かしさを覚えずにはいられません。
しかも、このお庭によくマッチしています。

コンセントに差すだけや置くだけの現代風の蚊取りマットが
ここに置かれていたら、さぞかし興ざめしたことでしょう。


DSCF0373.JPG
↑燈籠の横の赤松が「願いが叶う松」

この松に手をあてて願い事をすると良いのだそうです。
ずっと子供が出来なかった夫婦に子供ができたとか
就職が決まったとか、
願いが叶った人がお礼参りに訪れるそうです。


DSCF0447.JPG DSCF0375.JPG
↑お願い事をしています、何をお祈りしたのでしょう。
 私も願い事をしました♪

「夷風」では、着物の絵付け作業をはじめお庭も
無料で見学ができます。
予約が無くても自由に見学できますが不定休なのでご注意ください。

次に拝見したのは、NHK「美の壺」で紹介された坪庭。


DSCF0416.JPG

普段、このお庭は一般公開されていないのですが
この日は「千両ヶ辻祭り」だったので特別に見ることができました。


DSCF0404.JPG
↑障子とお庭の緑との雰囲気に、日本人の和の心を感じます。

DSCF0414.JPG
↑障子に寄り添うように座り、しばらく庭を眺め
 ほのぼのした気分になりました。
 いくら見ていても飽きることのない坪庭の風景でした。



西陣には、西陣織問屋以外にも
町屋を利用した料理店やカフェなどが点在しています。

パッと見た感じでは、店舗だとは分かりにくいお店もありますが
友達と彼氏や彼女とまたは夫婦で
色んなものを探しながらブラブラ散策するのも楽しいですよ♪



タグ:京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60272642
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック