2012年09月07日

一休禅師ゆかりの寺「地蔵院(竹の寺)」


京都市西京区の鈴虫寺から歩いて5分程の所に
一休禅師修養の寺「地蔵院(竹の寺)」があります。

鈴虫寺から西芳寺へ向かう途中に、看板が出ています。

1つだけ願いを叶えてくれる「鈴虫寺」
 ←クリックするとページが開きます♪
スティーブ・ジョブズ氏をも魅了した「西芳寺(苔寺)」は ←クリックするとページが開きます♪
本ブログ内でも紹介しています。

DSCF9781.JPG
↑この階段を登り、民家が建ち並ぶ道をまっすぐ進むと
 右手に「地蔵院(竹の寺)」が見えてきます。


DSCF9787.JPG
↑「地蔵院(竹の寺)」の総門へ続く参道
 木々が生い茂り、空気の澄んだ静寂さが漂います。

人が少ないので、とても気持ちよく
色んなものが荒らされることなく、そのまま原型をとどめている、
そんな気さえします。


DSCF9791.JPG

この場所はもともと、衣笠内大臣といわれた
歌人・藤原家良(1192〜1264)が山荘を営んでいた場所。

家良の没後、室町幕府の管領
南北朝時代の武将・細川頼之(1329〜1392)が
夢窓疎石(むそうそせき)の弟子・宗鏡(そうきょう)禅師を
招き建立しました。

※夢窓疎石(夢窓国師)とは、鎌倉時代から室町時代の著名な禅僧。
各地を巡遊、寺を開基。自らも作庭を行ったことでも知られ
京都市内では、西芳寺(苔寺)、天龍寺の庭園などが有名。


DSCF9794.JPG
↑総門の向こうに竹林が見えます

一休禅師(1394〜1481)は、後小松天皇のご落胤といわれ
この寺院にほど近い民家で生まれたとされています。

安国寺に入門する6歳まで、この寺院で修養したそうです。


DSCF9797.JPG
↑竹林の参道

とても静かな侘び寂びの世界。
聞こえるのは、風に揺れる笹の葉音と竹のしなる音。
少しずつ気持ちが落ち着いていくのが分かります。


DSCF9804.JPG
↑本堂が見えてきました

DSCF9806.JPG

本堂には、本尊地蔵菩薩や細川頼之公、
夢窓国師とその高弟・宗鏡禅師の木像が安置されています。

細川氏と関係の深い寺院だったことから、
当時の朝廷の信仰も厚く、室町時代には
京都五山に匹敵する特権を与えられ、
多くの寺領が寄進され、隆盛を極めたといいます。


DSCF9836.JPG
↑「十六羅漢(らかん)の庭」へ続く二の門が見えます

このお寺の見所は、他にもあります。
それは、京都市有形文化財指定の方丈(建物)と
京都市登録名勝指定、宗鏡禅師作の「十六羅漢(らかん)の庭」。

スギ苔が覆う庭に羅漢を意味する十六の石を配した
平庭式枯山水庭園です。

※羅漢とは、初期の仏教では、修行者の到達し得る最高位を
このように呼び、尊敬や施しを受けるに相応しい聖者を指す。
インドの宗教一般では「尊敬されるべき修行者」を意味します。


DSCF9809.JPG
↑苔と木々に包まれた境内

DSCF9814.JPG
↑この門の中に、方丈と十六羅漢の庭がありますが
 ここから先は撮影禁止のため本ブログではご案内できません。

建物内は、しっとりとした落ち着きと風格が漂っていました。
お庭と建物の調和が素晴らしかった!

建物の中には、建立した細川家の家系図などがあり
細川ガラシャや第79代・元内閣総理大臣の
細川護熙氏(1993年8月就任)の名を見ることができました。

今でも、細川家の方々が参拝にお見えになるそうです。



タグ:京都
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59050157
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック