2012年08月05日

龍穴の神気が漂う「貴船神社・奥宮」


願いが叶う『三社詣』で、二番目の参拝となる
貴船神社の「奥宮」へ向かう途中、同じ根から生えた二本の杉、
樹齢1000年のご神木「相生(あいおい)の杉」を見つけました。


『三社詣』の一番目、貴船神社・本宮 ←クリックするとページが開きます
三番目、貴船神社・結社(中宮) ←クリックするとページが開きます

DSCF9021.JPG
↑相生の杉。相生は「相老」に通じ夫婦ともに長寿を意味するそうです。

DSCF9015.JPG DSCF9018.JPG
↑遠くからみても、その大きさが良く分かります。

DSCF9036.JPG
↑杉並木と白い砂利が続く「奥宮」への参道。

DSCF9039.JPG
 神門の入り口にある
 小さな手水舎で
 手を洗い、口をすすぎ身を清めます。

 チョロチョロと
 流れ落ちる水は、冷たく
 夏の暑さを和らげてくれました。





水を司る神様、闇龗神(くらおかみのかみ)を祀る貴船神社・奥宮。

境内に足を踏み入れると神門を隔てただけで
こんなにも場の空気が変わるものなのかと
驚くほど静謐ながら物々しい雰囲気が漂います。


DSCF9046.JPG
↑奥宮の境内。伝説では、第18代の反正天皇の御代(1600年程前)の
 創建といわれています。


今は奥宮ですが、元々ここが本宮だったそうです。
この奥宮が鎮座している場所は、貴船の谷の一番低い所にあるため
しばしば水の害に遭い、天喜3年(1055年)に
貴船神社の本宮を現在の場所に遷したそうです。


DSCF9051.JPG
↑船形石(ふながたいわ)と本殿。

鎮座地としての伝説では、
浪花の津(大阪湾)に、黄色い船に乗った女の神様が現れ、
「われは玉依姫(たまよりひめ)なり、この船の留まるところに社殿を建てて、
そこの神様を大事にお祀りすれば国土を潤し、庶民に福運を与えん」
とのお告げがあり、その船は淀川、鴨川をさかのぼって
水源の地・奥宮辺りの川のそばから水の湧き出るところに船を留め、
そこに、御社殿を建てたと言われています。

この黄船を隠すため小石を積み上げたとされるのが船形石。
小石は、旅行や航海安全のご利益として持ち帰る人もいるそうですが
皆がそうすると大変なことになるので、やめたほうがいいでしょう。

白鳳6年(1300年程前)には、
本殿を造り替えたとの社伝が残っており
キフネの地名は、玉依姫の乗ってこられた
黄船から起こったともいわれています。


DSCF9057.JPG
↑奥宮の本殿横には「権地(ごんち)」があります。

実は、この奥宮・本殿の真下には「龍穴(りゅうけつ)」があります。

貴船の龍穴は、大和(奈良県)の室生龍穴や
備前(岡山県)のそれと共に
日本三大龍穴の一つに数えられています。

龍穴とは、龍の住処だと聞いたことがありますが
陰陽道では、四神相応などの哲学大系があり
風水では、大地の気が吹き上がる場所とされています。

また、日本の大きな龍穴とされるほとんどの場所には、
伊勢神宮や唐招提寺、日光東照宮といった
古社が鎮座していることが多いそうです。

龍穴そのものには、良質の水(泉、池、川)などがあり、
木々が繁り、大樹が存在する場合が多いとも言われています。


IMG.jpg
↑貴船神社 発行のリーフレット「気生根」より(平成24年5月15日発行)

2011年12月29日、奥宮の本殿修復のため
150年ぶりの秘伝「附曳神事(ふびきしんじ)」が行われました。

その様子は、貴船神社のフェイスブックにも掲載されています。
ご興味のある方は、↑をクリック↑してください。

「決して誰も見てはならない神聖な龍穴。
龍穴の上で工事をしてはならない」とされています。

そこで、奥宮・本殿の修復工事では、隣接する権地に建物を
曳き移し修復を進め、完成すると建物を曳き戻します。

建物を移動させる時は、氏子一同烏帽子浄衣の白装束とし
「境内にいる全ての人間は、誰もしゃべってはならない」
との社伝に従い、神職をはじめ宮大工、氏子、一般参加者も
神の葉(榊・さかき)を口にくわえます。

(神の葉を加える神職、リーフレット中央の写真参照)

そして宮大工が振る御幣を合図に、少しずつ静かに動かして行きます。
(神の葉を加え御幣を振る宮大工、リーフレット右下の写真参照)

龍穴は、誰にも見られないように
建物の移動にあわせ、建物のすぐ横から白い布で覆い隠します。

(本殿の曳き移しの様子は、リーフレット左上・左下の写真参照)

フェイスブックによれば
附曳神事(ふびきしんじ)に関する資料が少なく
神事を行うのも大変だったとか。まさに秘伝さを伺わせます。

私も、見てみたかった。。。


DSCF9043.JPG
↑ご神木「連理の杉」
 連理とは、別々の木が融合している状態のことで
 男女・夫婦仲の良いことに例えられることもあります。
 この木は、杉と楓が和合した珍しい木です。




タグ:京都
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58639801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック