2012年08月04日

世界文化遺産 春日大社


春日大社は、1998年12月に「古都奈良の文化財」の1つとして
ユネスコの世界文化遺産に登録されました。

3月に行われる春日大社の春日祭は、
賀茂神社(京都府京都市)の葵祭、
石清水八幡宮(京都府八幡市)の石清水祭とともに
天皇の使者(勅使)が派遣されて行われる
三勅祭の一つに数えられています。


DSCF8537.JPG

春日大社は、今から約1300年前の710年、奈良・平城京に遷都されたその年
藤原不比等(ふじわらのふひと)が、藤原氏の氏神である
鹿島神(武甕槌命)を春日の御蓋山(みかさやま)に祀り、
春日神と称したのが始まりとされています。


DSCF8589.JPG
↑春日大社の中門。この奥に本殿があります。

藤原鎌足を家祖とする藤原氏は
源氏・平氏・橘氏と並び「源平藤橘」(四姓)と総称され、
その筆頭名門氏族です。


その藤原氏の繁栄とともに隆盛した
春日大社の社伝では768年に、藤原永手が
鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)の武甕槌命、
香取神宮(千葉県香取市)の経津主命、
枚岡神社(大阪府東大阪市)の天児屋根命・比売神を併せ
御蓋山に四殿の社殿を造営したのをもって創祀するとあります。


DSCF8500.JPG
↑春日大社、二の鳥居をくぐった所にある鹿の手水舎

雷神・剣の神とされる武甕槌命(タケミカヅチ)は
地震を引き起こす大鯰(おおなまず)を御する存在として
江戸時代に多く出回った、浮世絵の鯰江(なまずえ)にも
しばしば登場します。

武甕槌命が白鹿に乗って現れたことから、
鹿は神の使いとされ、奈良公園内でも多くの鹿の姿を見ることができます。


DSCF8505.JPG
↑参道のど真ん中にも鹿が!

DSCF8531.JPG
↑境内にある黄金色の萬燈籠。

春日大社の萬燈籠は、約800年前から行われてきた行事で
藤原氏をはじめ一般庶民が奉納し、今では
約3000基の萬燈籠があるそうです。


その昔は、油料の続く限り毎晩点燈され
雨乞いの祈願などに萬燈が行われていたようです。

近年では年2回、2月の節分と8月のお盆の時期に
萬燈籠に灯を灯すそうです。


DSCF8569.JPG
↑青銅の萬燈籠。

DSCF8546.JPG
↑黄金色・青銅ともに、それぞれ色んなデザインがあって
 1つ1つ見ていくのも楽しい。
 この萬燈籠は、社紋の「下がり藤」が施されていました。


DSCF8539.JPG
↑中門から移殿(うつしどの)へ向かうと
 「本社大杉」と呼ばれる、ご神木があります。


DSCF8543.JPG

立て札によると、この杉は約1000年の樹齢を重ね
鎌倉時代の後期(1309年)に描かれた「春日権現験記」という
絵巻物にも、その姿が描かれている。とありました。


DSCF8591.JPG
↑中門と本社大杉

DSCF8585.JPG
↑よく見ると本社大杉の根本から、イブキの木が斜めに伸びています。
 しかも、建物を突き抜け屋根の上で、青々と葉が生い茂っている!すごい!


DSCF8548.JPG
↑境内にある「風宮神社」(左)と「椿本神社」(右奥)

DSCF8552.JPG
↑「風宮神社」には、七種寄生木(なないろのやどりぎ)と言われる
 ご神木があります。

この木は、カゴノキを母樹として、
ツバキ・ナンテン・ニワトコ・フジ・カエデ・サクラの
七種類の木が共生する珍しい木です。

「風宮神社」にあることから
風神の威徳をもって種子を集められたといわれています。

また、やどり木であることから、子授けの霊木と崇められ、
紙捻(こより)を枝に結び、
願いが叶うと解くとよいと言われているそうです。


DSCF8515.JPG
↑若宮大楠(わかみやおおくす)

奈良県下で1・2位を争う巨樹で、神功皇后お手植えと伝えられ
もともと3本あった苗木が成長とともに合体し
1本になったと言われています。

春日大社の広大な境内には、本殿に鎮座されている神様のほかに
あわせて61社の摂社・末社があります。


DSCF8518.JPG
↑摂社・末社の1つ「金龍神社」。
 後醍醐天皇ゆかりとされ、金運財運をお守りくださる神様です。
 もちろん、本殿と同じく手を合わせて参拝しました。



タグ:奈良
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57732761
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック