2012年07月28日

数寄屋造近代和風住宅 旧木下家住宅 in 舞子公園


明石海峡大橋を望む、舞子公園の片隅に
数寄屋造近代和風住宅 旧木下家住宅があります。

旧木下家住宅は、又野良助(またの りょうすけ)氏の
私邸として1941年(昭和16年)、
第二次世界大戦の戦時中に完成しています。

戦後の1952年(昭和27年)に、木下吉左衛門氏の所有となり、
2000年(平成12年)に、故木下吉治郎氏のご遺族から
兵庫県に寄贈を受けています。


DSCF8060.JPG

数寄屋造(すきやづくり)とは、茶室風の様式を取り入れた建物のことで
装飾を排し簡潔な造りで、わびさびを重んじた建築物のこと。

安土桃山時代から江戸時代にかけて完成した
建築様式の1つといわれ、数寄屋造の代表例として
京都の「桂離宮」や「修学院離宮」があげられます。

旧木下家住宅は、創建時の屋敷構えを
ほぼ完全に残す貴重な建物として、
2001年(平成13年)12月に、国の登録有形文化財に登録されました。


DSCF8061.JPG

旧木下家住宅へは、JR線の北側
舞子公園内の松林を横切り北上した所にあります。


DSCF7965.JPG
↑舞子公園の松林。
 緑に覆われた地面と松の風景は、清浄さの中にも威勢を感じます。


DSCF7970.JPG
↑JRの線路を越え舞子公園の松林を横目に北上すると
 木々が生い茂る「旧木下家住宅」の入口にたどり着きます。
 この階段を登り、ずずいーっと奥まで。


DSCF8088.JPG
↑木に囲まれた小径が続きます。塀の向こうは、前庭になっています。

DSCF7979.JPG
↑やや長めの小径を行くと、建物の玄関が見えてきます。

DSCF7987.JPG
↑応接室です。大きな窓からは、緑豊かで涼やかな前庭が見えます。
 部屋の角を壁ではなく、窓にすることで室内に
 ゆったりとした開放感がうまれています。


DSCF7985.JPG
↑主屋の広縁。広縁の右側に座敷があり前庭が見渡せるようになっています。

DSCF7990.JPG
↑主屋の広縁を外から見ると、こんな感じ。
 庇の下には、欄間のようなものが施されています。
 さりげないおしゃれが、心憎いですね。


DSCF8032.JPG
↑広縁の天井は、数寄屋造や純和風建築などで、しばしば見かける
「船底天井」と呼ばれる、勾配のついた天井になっています。

また、右側の欄間には聞香で使用される「源氏香」の
模様が施されています。

上部を見上げる人も少ないと思いますので
こういう古い建築物を見学するときは、
ぜひ、頭上にも目を配ってみてください。


DSCF8016.JPG
↑広縁の突き当たりには、書院があります。
 雪見障子から前庭が見え、品と落ち着きのある部屋になっています。
 この窓から、ぜひ雪景色を眺めてみたい・・・。


DSCF8035.JPG
↑書院の室内。

DSCF8006.JPG
↑外から見た書院。雰囲気があってステキです♪

分かりますか?
庇を支える3本の柱、土台は石なんですよ!


DSCF8084.JPG
↑座敷には床の間があり、そこに使われている木材の使い方や配置の仕方など
 何気ない所にも、こだわりが見え隠れしていました。


DSCF8027.JPG
↑床の間の天井も、凝っています。
 確か「三色木目網代編み(?)」と係の方が言っていた気がします。
 説明によるとこの技法、編める人がもういないんだそうです。
 (間違ってたらすみません。。。)

私が拝観したときには、ボランティアのガイドさんがいて
使われている木材やその技術など各部屋の見所や
部屋の役割と諸処のいわれ、お庭などについて、
分かりやすく説明してくださいました。

ガイドさんの説明がなければ、気付くこともなく
見落としていたと思われる、工夫やこだわりを
各所に見ることができました。

おもてだった華やかさはないけれど
見えないところで、ちょっと粋なことをする
それが「数寄屋造」なんだと、ひしひしと実感しました。

DSCF8003.JPG
↑中室から縁側への出入口。建具は夏仕様の葦を使った
 「夏障子」になっています。風流でいいすね〜。


DSCF7997.JPG
↑縁側から見た中庭。旧木下家住宅には、前庭と中庭の2つのお庭があります。
 左に見える丸い窓は、茶室の待合いになっています。


DSCF8052.JPG
↑待合いの丸い窓の外には、燈籠やつくばいが配置されています。

よ〜くご覧ください。何か気付きませんか?

そうです、手前にある柱は石の上に乗っています。
そんなことをよく考えたな〜、と思わず関心しました。


DSCF8021.JPG
↑茶室です。本格的な造りになっていて、思わず正座してしまいました。

DSCF8023.JPG
↑茶室のにじり口です。天井は、外部にある庇を室内に入れ
 屋根裏を見せる「掛込天井」を用い、ありのままの姿を
 大切にする技法を採用しています。 


DSCF8043.JPG
↑にじり口と障子を開けると中庭が見えます。
 当時の人はこの茶室から見る中庭を、どのように眺めたのでしょうか。


DSCF8072.JPG

数寄屋造近代和風住宅 旧木下家住宅は
敷地面積、約2209平米(約668坪)
総建築面積、約343平米(約103.7坪)
という立派な建物。

ですが、よくよく考えると
第二次世界大戦の戦火を逃れ、阪神淡路大震災での被害も少なく
ここまで無事に生き抜いてきた住宅ともいえます。

そう思うと考え深いものがあり、
施工主や建築にたずさわった職人さんの想いを感じながら
建物内をもう一度、見学し直しました。

造った人や住んでいた人は、
この建物が、こんなに大切にされ
国の登録有形文化財に登録されたことを
草葉の陰で自慢しているかもしれませんね。



タグ:神戸
posted by ショコラ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 名建築
この記事へのコメント
美しい写真と共に紹介頂き有難う御座います。
足立先生の監修のもとに新築当時の姿に再現
して頂き感謝に堪えません。
説明文の最後にある[草葉の陰で自慢している
かも知れませんね]と言う文言にはグッとくる

不肖の息子も彼岸に行った暁にはで親父には
この事を伝えてせめてもの親孝行を致します。
Posted by 又野幸雄 at 2013年03月10日 18:04
工事中から知っていましたが、本当に今から
想えば戦争直前にあれだけの材料をよく確保されたものと存じます。
公開翌年の春に拝見しましたが、一山利用
されただけあって立派なお邸でした。

又野幸雄様にはもう70年近くお目にかかって
居ませんがお元気で結構です。
Posted by 元歌敷山の住人 at 2013年03月13日 15:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57559494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック