2012年06月17日

藤森神社の「あじさい祭り」

DSCF6196.JPG
↑学問・勝運と馬の神社「藤森神社」参道の入口(京都市伏見区)

『勝運を呼ぶ神様「藤森神社」で雅楽と舞楽』のブログは
↑コチラ↑からご覧になれますよ!クリックしてくださいね。

DSCF6203.JPG 藤森神社、参道の入口にある鳥居には
 他の神社で見かける「額」がありません。

 境内にあった記述によれば、昔は
 「藤森大明神」の額が掲げてあったそうです。

 江戸時代、前の道が参勤交代の
 道筋にあったことから
 大名行列が神社の前を通ると時には
 大名は駕籠から降り、騎乗の者は下馬し、
 槍を持つ者は穂先を下げ
 拝礼をして通行する習わしがあったそうです。

 幕末の動乱期に、新撰組の近藤勇が
 これを悠長なこととして
 額を外し持ち去ったのだそうです。


DSCF6223.JPG
↑木の切り株に、しめ縄が張られている本殿横の「旗塚」

「旗塚」は、イチイガシの木で「いちのきさん」と呼ばれ
お参りすると腰痛が治るといわれています。

先ほど登場した、新撰組の近藤勇も参拝し
治癒したと伝えられているそうです。


DSCF6373.JPG

 本殿の東側には、
 大きなクスノキがあります。
 見えにくいのですが、
 右奥にあるのが「旗塚」です。

 また、本殿の南西にある手水舎の台石は
 宇治浮島の十三重の塔の第九層を
 あの石川五右衛門が持ってきたとの
 言い伝えがあるそうです。
 (写真を撮りそこねました。。。泣。
  機会があれば撮影してきます、
  いつになるかは・・・)





では、おまちかね、前編『勝運を呼ぶ神様「藤森神社」で雅楽と舞楽』のあとは
後編「あじさい祭り」のご紹介です!!
  ↑クリックするとブログが開きますよ!

DSCF6534.JPG

昨日は、どじゃぶりの雨だったので、
天気が気になっていたのですが、今日は曇りのち晴れ。

ただ、雨に濡れたあじさいが見られないのが少し残念。。。
個人的に、濡れてなお美しく見える花は
あじさいと花菖蒲ぐらいではないかと思っています。


DSCF6571.JPG
↑人の背丈ほどある、あじさいにビックリです!大きい

DSCF6398.JPG そのため、普段はなかなか見ることの出来ない
 あじさいの裏側も余裕でみることができました。

 藤森神社の境内には、
 2箇所のあじさい苑があります。
 延べ面積約1500坪、3500株の
 あじさいが咲いています。

 が、宮司さんいわく今年は、
 寒かったりゲリラ豪雨だったりと
 天候不順なこともあり、あじさいの咲き具合は
 イマイチなんだそうです。

 でも、心配することなかれ!
 あじさいは、こんなにもキレイでしたよ。
 写真満載で一気にご紹介します。


DSCF6464.JPG

DSCF6489.JPG
↑ぶどうの房のように白いあじさいが咲いていました。
こんな、あじさいがあるんですね。


DSCF6381.JPG  DSCF6460.JPG

あじさいは、小さな花びらの集合体に思われますが
これは、花びらではなく「ガク」なんですよ。
花は、その奥にある小さく丸いのがそうなんだそうです。


DSCF6428.JPG  DSCF6502.JPG

DSCF6492.JPG  DSCF6443.JPG

あじさいは、土の成分によって花の色が変わるといわれますが
同じ場所なのに、違う色の花が咲いているのをみると、疑問がわいてきます。
なぜだろう?もっと詳しく調べてみたい。。。


DSCF6505.JPG  DSCF6407.JPG

トトロの道を歩くような子供の後ろ姿が愛らしい。

DSCF6526.JPG


posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 花巡り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56597786
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック