2012年06月17日

勝運を呼ぶ神様「藤森神社」で雅楽と舞楽 


京都市伏見区(洛南)にある「藤森神社」は、
平安遷都以前から祀られている歴史ある古社で、学問・勝運と馬の神社です。

今日は、梅雨の花「あじさい祭り」に加え
「蹴鞠(けまり)」や「雅楽・舞楽」が
奉納されるということで、楽しみにやってきました。
(あじさい祭りと雅楽は、前編・後編に分けてブログ公開いたします)


後編の 藤森神社の「あじさい祭り」 ←はコチラをクリックしてね!
まずは、前編の「蹴鞠・雅楽・舞楽」をお楽しみください。

DSCF6227.JPG

菖蒲の節句(こどもの日)発祥の神社となるこの神社は
毎年5月5日に「藤森祭」が行われ
菖蒲は尚武に通じ、尚武は勝負に通じることから
「勝運を呼ぶ神」として信仰されています。

境内には、勝運を授ける水として「不二の水」という、
地下100mから湧き出る水があります。
地元の方はもちろん遠方からも、わざわざ汲みに来るのだそうです。


DSCF6220.JPG  DSCF6218.JPG
↑「不二の水」汲みやすいように、ちゃんとジョウゴが置いてあります。
この日もおじさんがペットボトルに水を汲んでいました。

もちろん、私も勝運があがるよう願いを込めて
お水を飲ませていただきました、美味しかったです。


DSCF6388.JPG
 また、室町時代から走り馬が行われ、
 その後も藤森祭の「駈馬神事」として
 受け継がれていることから
 馬と神社とのかかわりも深いのだそうです。

 そのせいか、11月のお祭りには
 馬主、騎手、競馬関係者、
 競馬ファンの方々が参拝にくるそうで
 競馬の御利益スポットにも
 なっているようです。








DSCF6211.JPG

 いよいよ「蹴鞠」が始まります。

  DSCF6206.JPG
↑この「蹴鞠」も立派な神事なんですよ。

「オウ」「ヤア」「アリ」と鞠の精霊の名前を
かけ声にして鞠を蹴り上げます。

その重さは約100gなんだそうです。
足の裏が見えるほど蹴り上げるのは、はしたないとされ
いかに美しく蹴り上げるかも技術の1つのようです。

和装で鞠を追う姿は凛々しくも見えます。
ラリーが続くと観客から「おお〜」と歓声が聞こえ
人だかりの中に鞠が飛んできたときは
逃げる人、鞠をキャッチしようとする人など、人それぞれ夢中になって見ていました。

そして蹴鞠のあとは、見たかった「雅楽・舞楽」が拝殿で行われます。


DSCF6231.JPG
↑拝殿に整列する「鳴鳳雅楽会」の方々。
藤森神社では、約80年の歴史を持つ「鳴鳳雅楽会」があり、
後継者育成に力を入れています。

今日、用いる楽器は
「笙(しょう)」「龍笛(りゅうてき)」「篳篥(ひちりき)」
「鞨鼓(かっこ)」「太鼓」の5種類のようです。


DSCF6311.JPG
↑「笙」です。この楽器は、吹いても吐いても音が出るので
呼吸そのものが音楽となる管楽器で、天から降り注ぐ光を表現しています。

DSCF6313.JPG
↑「龍笛」です。比較的高い音がでる管楽器。
天と地の間を縦横無尽に飛び回る龍を表現しています。


DSCF6245.JPG
↑「篳篥」です。低い音のでる管楽器。
地上にこだまする人々の声を表現しています。

この「笙」「龍笛」「篳篥」の3つは「三管」と呼ばれ
雅楽の合奏時に、なくてはならない中心的役割を担っています。
この3つが合奏することで、「天」「地」そして「天と地の間」をまとめ、
1つの宇宙を表しているといわれています。


DSCF6259.JPG
↑太鼓(手前の大きい打楽器)と鞨鼓(奥の小さい打楽器)
鞨鼓(かっこ)は「ヘンなカッコやな〜」とか「カッコいいね!」の
語源になったといわれています。


DSCF6249.JPG
↑雅楽では、あぐらをかくのが正式な座り方で「楽座(がくざ)」と呼ばれます。
手前に置かれているのが篳篥(ひちりき)です。


演奏が始まると、透き通るような清涼感に似た空間へと
一瞬でその場の雰囲気を変えてしまいます。

胸のあたりが、ほのかに温かくなり鳥肌がたつ感覚を覚えます。
生演奏を目の前で聴く迫力は、なんと心地よいことか。

私が初めて、雅楽を聴いたのは保育園の頃だったかと思います。
実家の近くにある氏神様の神社で小学校の6年間、
巫女をしていたこともあり、私にとって雅楽や御神楽は身近なものでもありました。

ここからは、雅楽の合奏にあわせて舞う「舞楽」が始まります。

DSCF6267.JPG
↑小学生の子供たちが舞う「童舞」。子供たちの緊張感が伝わってきます。

そして、大人の男性が「双龍」を舞います。
この舞楽は、二匹の龍がじゃれ合う様子を表すのだそうです。


DSCF6287.JPG  DSCF6281.JPG
↑この「双龍」は、通常2人で舞うのだそうですが今日は1人で舞います。

DSCF6303.JPG

「舞楽」には、
中国・ベトナム・インド・ペルシャなどの音楽を起源とする「唐楽(とうがく)」と
朝鮮・渤海(現中国の東北地方)の音楽を起源とする「高麗楽(こまがく)」の
2種類があります。

唐楽による「舞楽」を左方(さほう)、
高麗楽による「舞楽」を右方(うほう)、
または、左舞(さまい)・右舞(うまい)と呼ばれています。

今回、行われた舞楽を上記に当てはめると
「童舞」が左舞、「双龍」が右舞になります。

ちなみに、この「右舞(うまい)」は
「上手(うまい)ことしたね〜」などの語源になったとか。
では、左舞が語源のものって・・・何?



タグ:京都
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56581206
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック