2012年05月19日

奈良・吉野山をめぐる「吉野ツアー」No.1

今日は、有限会社羽根建築工房さん主催の「吉野ツアー」へ行ってきました!
前回も参加したので、これで2回目です。


1回目にはなかった、樹齢約400年の杉の木が見学できるとあったので
「これは、観にいかねば!」とばかりに申込んだのですが、
ツアーの2日前に間伐(かんばつ)が行われたらしく見学できず・・・。
急遽変更になってしまいました。

でも、このツアーの引き出しは多い。見学の変更先も凄かった!!
では、興味津々のみなさんに「吉野ツアー」の様子をブログ3部作にて
たっぷりご案内いたします。


No.1となるこのブログの続きは、↓コチラ↓をクリックください!!
奈良・吉野山をめぐる「吉野ツアー」No.2 ←クリック
奈良・吉野山をめぐる「吉野ツアー」No.3 ←クリック

「吉野ツアー」スケジュール
近鉄 橿原神宮前駅 中央改札に集合
↓川上村林業資料館「山幸彦もくもく館」見学
↓川上村白川渡(しらかわど) 250〜290年生 杉育林 見学
↓吉野川源流にて、ランチ
↓吉野山 金峯山寺(きんぶせんじ)蔵王堂(ざおうどう)見学

↓製材所 株式会社ウッドベース 見学
近鉄 橿原神宮前駅 にて解散

まずは<山幸彦もくもく館>の見学。
この施設内には、吉野杉の歴史や特長をはじめ
植林から伐採までの様子なども見学できます。
子供と一緒に楽しめる施設になっていました。
館内は撮影禁止のため、その様子をお伝えできないのが残念です。


DSCF4694.JPG
↑<山幸彦もくもく館> 奈良県吉野郡川上村西河

と言いながら実は今回、私は見学していません。
なぜなら!参加2回目の私。
1回目で見学済みなので、今回はさらりと見学しようかと思っていたら、
入口横で見つけた「蜻蛉(せいれい)の滝 徒歩10分」の張り紙。

行きたーーーい!

ということで、ツアー責任者の方の許可を得て、
滝を観るべく、一人別行動。
他のツアーのみなさん、私だけごめんなさい。

たどり着いた「蜻蛉の滝」への入口は、なんと瑞々しく清々しいことか。
桜の木やモミジなどの新緑が辺り一面に広がります。
美しく咲く春の桜、赤くもえるような秋の紅葉が一瞬で想像できます。


DSCF4708.JPG

和んだ気持ちを切り替え、いよいよ山へ入ります。

DSCF4719.JPG

鳥居には「不動明王」「天龍大神」「弁財天」の文字が読み取れます。

DSCF4727.JPG

この奥の階段を、ずずいっと奥まで登っていきます。
緑の木立を抜ける階段と小径が続きます。


DSCF4732.JPG

やっと見えてきました。あの建物の奥に滝があります。

DSCF4749.JPG

DSCF4751.JPG

DSCF4796.JPG
↑大小3つの滝壺がある落差約50mの滝です

蜻蛉(せいれい)とは、トンボのことで第21代雄略天皇がこの地を訪れたとき
天皇のヒジにアブがとまり、それを蜻蛉がかみ殺したことに由来するそうです。
万葉集にも記載され松尾芭蕉や本居宣長といった
多くの文人も訪れていたとか。

また、滝に虹がかかることから、
この周辺は虹光(にじっこう)とも呼ばれるらしいのですが、
時間帯が違ったのか今回、虹は見られませんでした。残念。。。


DSCF4753.JPG
↑見上げると、不動明王の社からまだ上に階段が伸びています

DSCF4779.JPG
↑登った所から滝を見下ろすと、大きな滝壺が!!

水が澄んでとても綺麗です。
周囲に新緑の木々が空気に清涼感を与えているせいか
とても気持ちの良い光景でした。

登ってきた階段を下り、もといた場所から下にくだると
今度は小さな2つの滝壺が現れました。これは、これで凄い!
まるで滑り台をすべるように、岩肌を勢いよく水が流れ落ちてゆきます。


DSCF4792.JPG

水しぶきの音と風が葉を渡る葉音。
沢山の癒しを含んだ空気は、少しひんやりとしています。

もう少しここにいたい気持ちでいっぱいなのですが
集合時間が迫っています。
また、今度ね!蜻蛉の滝さん。



「吉野ツアー」次のスケジュールは
250〜290年生の吉野杉、川上村白川渡です。
ツアーの様子は、奈良・吉野山をめぐる「吉野ツアー」No.2へと続きます。

        ↑クリックするとNo.2のブログが開きます!


タグ:奈良
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | レジャー・アミューズメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。