2012年05月05日

乙訓寺(おとくにでら)で、初対面!

てんとう虫がイチジクの葉を冒険する初夏の頃。
いつの間にか季節は進み、新緑が風を誘う五月を迎えました。


DSCF4287.JPG

奈良の長谷寺を本山とする真言宗のお寺「乙訓寺」は、
美しい牡丹のお寺としても知られています。


DSCF4292.JPG

昆虫も喜ぶ季節です♪密をもとめ花から花へ。

DSCF4332.JPG

白い和傘が牡丹の日よけをうけおう境内。
もみじの影が和傘の模様のように見えて素敵です。


DSCF4313.JPG

気になる牡丹の開花状況は・・・、ちょっと遅かった〜。
でも、散る間際の牡丹も、それはそれでいいものでした。


DSCF4328.JPG  DSCF4369.JPG

何色というのでしょうか。
濃い深紅色の牡丹を見つけ、珍しい色だなと思いしばらく眺めていました。
優雅で品のある牡丹は、存在感ありますね。


DSCF4396.JPG  DSCF4403.JPG

DSCF4356.JPG

このお寺は、真言宗の開祖「空海」と天台宗の開祖「最澄」が
初めて対面したことでも知られ、日本仏教について熱く語り合ったと言われています。


DSCF4303.JPG

境内には、弘法大師空海が手植されたとする「菩提樹」が青々と茂っていました。
あまりにも、いきいきとしていたので本当に?とちょっと疑念が・・・。
歴史とはそんなものと言われれば、それまでですが。


DSCF4364.JPG

その他、こんな可愛い花も咲いていました。
今度は、蕾から咲き始めの頃の牡丹を見たいですね。


DSCF4339.JPG



posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | 花巡り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。