2012年04月16日

京都・桜の隠れ里<原谷苑>

「原谷苑」は仁和寺や金閣寺、龍安寺の北側にある
衣笠山を越えた場所にあります。

個人所有のためガイドブックなどには載っていませんが
約4000坪の桃源郷のような苑内の美しさが、
噂が噂を呼び、知る人ぞ知る桜の名所となりました。


DSCF3415.JPG

苑内には、枝垂れ桜をはじめ約20種類・数百本の桜や
ツツジ、雪柳、レンギョ、しゃくなげなどピンク・白・黄色など色とりどりの花々が
百花繚乱の世界を生み出していました。

苑内に足を踏み入れた、その一歩からすごいんです!!
その景色は、圧巻としか言いようがありません。


DSCF3423.JPG

DSCF3443.JPG

手をつなぐように春の青空めがけ伸びた桜の枝たちが
私たちの頭上で、桜のアーチを作り柔らかな空間を演出しています。


DSCF3417_2.JPG  DSCF3395_2.JPG

まるで、花たちが作ったドームの中にいるような幻想的な世界。
花のほのかな香りと花を飛び回る蝶々、枝から枝へ飛ぶ小鳥の声
春の妖精が現れそうな長閑さにうっとり。
噂だけで、これだけの観光客が訪れるのも納得です。


DSCF3445.JPG

こんなお花見は、初体験です!!

DSCF3436_2.JPG  DSCF3471.JPG

リピーターも多いというこの「原谷苑」の入苑料は、
花の見頃・開花状況とともに変動します。
いわば、時価といったところでしょうか。
ピーク時の平日は1200円、週末で1500円でした。

すばらしいお花見でしたが観光客の中には、
入苑料についてブツブツ文句いいながら
歩いている人もいたので、そこが唯一の欠点でしょうか。

京都の桜の名所と言われる神社仏閣でも、数百円ですから
それに比べると高いかも・・・。
ただ、公共性のない個人所有なのでこの料金も否めないかもしれませんね。

DSCF3482.JPG

また、駐車場がないため公共機関を使ってのアクセスです。
私が行ったときは、金閣寺の近くから期間限定のシャトルバスが無料で出ていました。
アップダウンの坂がある細い山道なので、徒歩でのアクセスはお進めしません。


DSCF3466.JPG

私的には、満足度指数はかなり高く期待以上の見応えだったので、
来年もまたお花見に行きたいと思っています。

皆さんも一度は、ご覧あれ!





タグ:京都 お花見
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | 花巡り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。