2012年08月05日

水神の気が満ちる「貴船神社・本宮」


京都・貴船の川床に続きやってきたのは「貴船神社」。
皆さんご存じ、水神と縁結びの神様です。

地域名は貴船「きぶね」と呼びますが、
貴船神社は、水の神様であることから濁らずに
「きふね」と読みます。

貴船神社は、叡山電鉄「貴船口」駅から
貴船川に沿って北上すると、貴船神社の
本宮、結社(中宮)、奥宮が順に鎮座しています。


奥宮
 ↑ 徒歩 約7分
結社(中宮)
 ↑ 徒歩 約8分
本宮
 ↑ 徒歩 約25分
貴船口駅

上記の各宮をクリックするとページが開きます!


願いが叶う参拝順というのがあり
まず「本宮」へ、次に「奥宮」へ、そして
その帰りに結びとして「結社」に参拝する『三社詣』が
古くからの習わしだそうです。


DSCF8902.JPG
↑貴船神社の本宮 二の鳥居 参道の入口

「本宮」のご神祭は、高龗神(たかおかみのかみ)
「結社(中宮)」のご神祭は、磐長姫命 (いわながひめのみこと)
「奥宮」のご神祭は、闇龗神(くらおかみのかみ)

「結社(中宮)」は、縁結びの神様。
「本宮」「奥宮」ともに同じ水神様といわれ
高龗神(たかおかみのおおかみ)の、高は山の尾根筋、
闇龗神(くらおかみのかみ)の、闇は深谷や谷間を意味し、
「龗(おかみ)」という字は「龍」を意味する古語だそうです。


DSCF8910.JPG
↑鳥居をくぐった目の前にある「白鬚(しろひげ)社」と大杉。
 長寿の御利益があるそうです。

 白鬚社の祭神の多くは「猿田彦大神」です。
 天孫降臨の際に先頭に立ち道案内したことから、
 導きの神としても崇められています。


DSCF8918.JPG
↑本宮へと続く石段。
 青もみじをはじめとする木々の緑と
 燈籠の朱色のコントラストが、すばらしい!!


DSCF8928.JPG
↑石段を登った先では、樹齢400年、樹高30mのご神木
 「桂の木」を仰ぎ見ることができます。


DSCF8936.JPG DSCF8938.JPG
↑根本からたくさんの枝が天に向かって伸び、
 上部では、生気を吹き出すように八方に枝葉を広げています。

その昔、貴船は「気生嶺」「気生根」とも書かれていました。
大地のエネルギー「気」が生ずる山、
「気」の生ずる根源という意味だそうです。

神道では、体内の気が衰えることを「気枯れ(けがれ)」といい、
古来より、貴船神社に参拝する人は皆
御神気に触れ、気力が充実することから
運気発祥(開運)の篤い信仰もあるそうです。


DSCF8951.JPG
↑貴船神社・本宮(2007年に改築)
 心願成就・家内安全・商売繁盛などの御利益があるとされ
 拝殿には、年齢・性別を問わずたくさんの参拝者が
 列をつくり賑わっています。みんな何をお願いしているのでしょうか。


DSCF8931.JPG
↑旧暦の七夕が近いこともあり、境内には願い事を書いた
 短冊を吊した笹の葉が飾られていました。


DSCF8953.JPG DSCF8952.JPG
↑貴船神社といえばこの「水占い」が有名。
 自分で選んだ、おみくじをご神水に浮かべると
 文字が浮かび上がり、内容を読むことが出来るんですよ。

本宮の社殿前の石垣からコンコンと湧くご神水は、
夏は冷たく冬は暖かい弱アルカリ性の水らしく、
今まで一度も枯れたことがないそうです。

この美味しい水は名水といわれ、
古来より茶人が茶を点てるのに珍重したとか。
今も飲むことが出来き、容器に汲んで持ち帰ることができます。


貴船の山から湧き出るご神水の傍らに「水五訓」が記されていました。

一、自ら活動して他を働かしむるは水なり
二、常に自ら進路を求めて止まざるは水なり
三、自ら清くして他の汚水を洗い清濁併せ容るるの量あるは水なり
四、障害に逢い激しくその勢力を百倍するは水なり
五、洋々として大洋を充たし、発して蒸気となり雲となり
  雪と変し霰と化し凝っては玲ろうたる鏡となる、
  而しかもその性を失わざるは水なり



しなやかさと、いざという時の強さ、
自在に姿を変える柔軟さを持ちながら水としての性は失わない。

私は、そんな風に生きているだろうか。



タグ:京都
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣

龍穴の神気が漂う「貴船神社・奥宮」


願いが叶う『三社詣』で、二番目の参拝となる
貴船神社の「奥宮」へ向かう途中、同じ根から生えた二本の杉、
樹齢1000年のご神木「相生(あいおい)の杉」を見つけました。


『三社詣』の一番目、貴船神社・本宮 ←クリックするとページが開きます
三番目、貴船神社・結社(中宮) ←クリックするとページが開きます

DSCF9021.JPG
↑相生の杉。相生は「相老」に通じ夫婦ともに長寿を意味するそうです。

DSCF9015.JPG DSCF9018.JPG
↑遠くからみても、その大きさが良く分かります。

DSCF9036.JPG
↑杉並木と白い砂利が続く「奥宮」への参道。

DSCF9039.JPG
 神門の入り口にある
 小さな手水舎で
 手を洗い、口をすすぎ身を清めます。

 チョロチョロと
 流れ落ちる水は、冷たく
 夏の暑さを和らげてくれました。





水を司る神様、闇龗神(くらおかみのかみ)を祀る貴船神社・奥宮。

境内に足を踏み入れると神門を隔てただけで
こんなにも場の空気が変わるものなのかと
驚くほど静謐ながら物々しい雰囲気が漂います。


DSCF9046.JPG
↑奥宮の境内。伝説では、第18代の反正天皇の御代(1600年程前)の
 創建といわれています。


今は奥宮ですが、元々ここが本宮だったそうです。
この奥宮が鎮座している場所は、貴船の谷の一番低い所にあるため
しばしば水の害に遭い、天喜3年(1055年)に
貴船神社の本宮を現在の場所に遷したそうです。


DSCF9051.JPG
↑船形石(ふながたいわ)と本殿。

鎮座地としての伝説では、
浪花の津(大阪湾)に、黄色い船に乗った女の神様が現れ、
「われは玉依姫(たまよりひめ)なり、この船の留まるところに社殿を建てて、
そこの神様を大事にお祀りすれば国土を潤し、庶民に福運を与えん」
とのお告げがあり、その船は淀川、鴨川をさかのぼって
水源の地・奥宮辺りの川のそばから水の湧き出るところに船を留め、
そこに、御社殿を建てたと言われています。

この黄船を隠すため小石を積み上げたとされるのが船形石。
小石は、旅行や航海安全のご利益として持ち帰る人もいるそうですが
皆がそうすると大変なことになるので、やめたほうがいいでしょう。

白鳳6年(1300年程前)には、
本殿を造り替えたとの社伝が残っており
キフネの地名は、玉依姫の乗ってこられた
黄船から起こったともいわれています。


DSCF9057.JPG
↑奥宮の本殿横には「権地(ごんち)」があります。

実は、この奥宮・本殿の真下には「龍穴(りゅうけつ)」があります。

貴船の龍穴は、大和(奈良県)の室生龍穴や
備前(岡山県)のそれと共に
日本三大龍穴の一つに数えられています。

龍穴とは、龍の住処だと聞いたことがありますが
陰陽道では、四神相応などの哲学大系があり
風水では、大地の気が吹き上がる場所とされています。

また、日本の大きな龍穴とされるほとんどの場所には、
伊勢神宮や唐招提寺、日光東照宮といった
古社が鎮座していることが多いそうです。

龍穴そのものには、良質の水(泉、池、川)などがあり、
木々が繁り、大樹が存在する場合が多いとも言われています。


IMG.jpg
↑貴船神社 発行のリーフレット「気生根」より(平成24年5月15日発行)

2011年12月29日、奥宮の本殿修復のため
150年ぶりの秘伝「附曳神事(ふびきしんじ)」が行われました。

その様子は、貴船神社のフェイスブックにも掲載されています。
ご興味のある方は、↑をクリック↑してください。

「決して誰も見てはならない神聖な龍穴。
龍穴の上で工事をしてはならない」とされています。

そこで、奥宮・本殿の修復工事では、隣接する権地に建物を
曳き移し修復を進め、完成すると建物を曳き戻します。

建物を移動させる時は、氏子一同烏帽子浄衣の白装束とし
「境内にいる全ての人間は、誰もしゃべってはならない」
との社伝に従い、神職をはじめ宮大工、氏子、一般参加者も
神の葉(榊・さかき)を口にくわえます。

(神の葉を加える神職、リーフレット中央の写真参照)

そして宮大工が振る御幣を合図に、少しずつ静かに動かして行きます。
(神の葉を加え御幣を振る宮大工、リーフレット右下の写真参照)

龍穴は、誰にも見られないように
建物の移動にあわせ、建物のすぐ横から白い布で覆い隠します。

(本殿の曳き移しの様子は、リーフレット左上・左下の写真参照)

フェイスブックによれば
附曳神事(ふびきしんじ)に関する資料が少なく
神事を行うのも大変だったとか。まさに秘伝さを伺わせます。

私も、見てみたかった。。。


DSCF9043.JPG
↑ご神木「連理の杉」
 連理とは、別々の木が融合している状態のことで
 男女・夫婦仲の良いことに例えられることもあります。
 この木は、杉と楓が和合した珍しい木です。




タグ:京都
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣

縁結びの神様「貴船神社・結社(中宮)」


『三社詣』の最後の結び(締めくくり)となる
縁結びの神様が鎮座する貴船神社・結社(ゆいのやしろ)。


『三社詣』とは、貴船神社の願いが叶う参拝順のこと。
一番目の貴船神社・本宮 ←クリックするとページが開きます
二番目の貴船神社・奥宮 ←クリックするとページが開きます

貴船に多くの人々を引き付ける、縁をつなぐ力!!
祭神は縁結びの神様、磐長姫命 (いわながひめのみこと)。


DSCF8983.JPG
↑石階段を登ると結社の拝殿があります

縁結びと聞くと、男女の縁だけをイメージしがちですが
「縁」というのは、それだけではありません!!

子授けや就職、入学、企業間の縁結びなど
色んな縁が含まれています。

さて、あなたはどんな縁結びを願いますか。


DSCF9003.JPG
↑結社の拝殿と天乃磐船(重さ6トンの自然石)

平安時代中期の歌人、和泉式部(いずみしきぶ) も
夫婦の不和を嘆き、参拝したそうです。
その後、願いが叶い夫と復縁したという逸話は有名です。


DSCF9001.JPG
↑拝殿で、願い事!

縁結びを願う人は「結び文」を
結び合わせて祈願すると願いが叶うと言われています。

以前は、境内のススキなどの細長い草の葉を結び合わせて
縁結びを願っていましたが、今は、
本宮にある結び文に願いごとを書いて
結社の結び処に結びます。


DSCF9008.JPG
↑拝殿の奥にあるご神木、桂の木

DSCF8994.JPG
↑上へ上へと木(気)が伸びています。
 枝と枝の間には、何かが棲んでいるような不思議さが漂います。




その昔、磐長姫(いわながひめ)と
木花開耶姫(このはなさくやひめ)の姉妹がいました。

ある時、瓊々杵尊(ににぎのみこと)が
妹の木花開耶姫を、娶ることになりました。

その時、姉妹の父である大山祇命(おおやまつみのみこと)は
姉の磐長姫も共に奉ろうとしたのですが断られ
木花開耶姫だけが召されることに。

磐長姫は大いに恥じて
「我長くここにありて、縁結びの神として
世のため人のために良縁を得させん」と言って
この地に鎮まったといわれます。


人は自分がフラれたからといって
世のため人のために縁結びをしようと思うでしょうか。
これが、人と神様の違いなのか。



タグ:京都
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣

京都の奥座敷 貴船で「川床」涼夏


夏、真っ盛りの猛暑日が続く中、
涼をもとめてやってきたのは、京都の奥座敷・貴船(きぶね)。

京阪電鉄「出町柳」駅から叡山電鉄に乗り継ぎ「貴船口」駅を降りると
そこは、すでにひんやりと涼しい空気に包まれていました。

駅を降りて見えたのは、青々とした木々の緑と
貴船川の清涼と川音、空気も澄んでいてとても気持ちがいい!!


DSCF8969.JPG
↑貴船川

叡山電鉄「貴船口」駅から貴船神社の奥宮まで
貴船川に沿って、20件近い料亭が軒を連ねます。

「川床(かわどこ)」は、桃山時代に
鴨川の中州や浅瀬に床机を設け、
客をもてなしたのが始まりといわれています。

貴船は、「京の奥座敷」と言われることから
「床(とこ)の間」と同じ感覚で
「川床(かわどこ)」と呼ばれるようになったそうです。

一方、鴨川は、川沿いに設けられた「高床(たかゆか)」が
省略されて「床(ゆか)」や「納涼床(ゆか)」と呼ばれています。


DSCF8976.JPG
↑川床料理を予約した「右源太」さん

駅に着くと川床料理を予約した「右源太」さんの
送迎バスが迎えに来てくれていました。

この時期、川床を楽しもうと多くのお客さんで賑わっています。
おかげで、車が動きません・・・。
料亭の近くまで来たので、途中下車し歩くことにしました。


DSCF8978.JPG
↑歩きながら貴船川を覗き込むと、みんな楽しそうに食事をしています。
 貴船川の上に設けられた川床。なんだか涼しそう〜。
 

DSCF8973.JPG
↑ずら〜り、宴席が並んでいます。

こんなに長いと、中ほどの席からは川面が楽しめないのでは・・・。
せっかくの川床がもったいないような。
どうか、予約した席が川の見える席でありますように!
と、ちょっと思ってしまいました。


DSCF9088.JPG
↑忙しそうな仲居さん。

早めに来たので、予約した時間までの間
貴船神社の本宮・結社・奥宮に参拝しました。

願いが叶う『三社詣』の順に、ブログにて紹介中!

一番目、貴船神社・本宮 ←クリックするとページが開きます♪
二番目、貴船神社・奥宮 ←クリックするとページが開きます♪
三番目、貴船神社・結社(中宮) ←クリックするとページが開きます♪

DSCF9099.JPG
↑太陽の日差しを遮るように、屋根が設けられています。

予約した時間になり、通されたのは
うれしいことに、川の水が岩肌を滑るように流れる
その真上の席!!

川瀬の音や水しぶきなど、川床が全身で体感できます!
この宴席で、美味しい料理が楽しめるなんて感激です。


DSCF9104.JPG

手を伸ばすと、ひんやりと冷たい川の水に触れられます。
貴船川の水が冷たいせいか、川面を渡る風も
クーラーのように涼しくて気持ちがいい!!

聞くところによると、貴船では
京都市内と比べて体感温度が、5度ほど低いそうです。

京都盆地特有の蒸し暑さからすれば、これはもう避暑地ですね。
どうりで、みんなが貴船に集まるはずです。


DSCF9092.JPG
↑私たちの席の後ろにも、川床の宴席が用意されています。

DSCF9093.JPG
↑席の前は、ずらりと宴席が並んでいます。

ちょうど、予約したお客さんが入れ替わるタイミングなので
仲居さんたちも、次の方を迎える準備で忙しそうです。

あとで知ったのですが、今回予約した「右源太」さんは
貴船神社に仕えた社家の家筋にあたり、
屋号は神官の役職で、明治維新後の神仏分離を機に
料理旅館に転身したんだそうです。

それに、旅館部門で2010年度から3年連続
ミシュランガイドで、星をもらったとか!
受付の方に聞くと「3つ星です」と言われました。


DSCF9112.JPG
↑先付けからはじまり、八寸が運ばれてきました。

DSCF9113.JPG

この季節ならではの「鱧のお吸い物」や「鮎の塩焼き」「お刺身」など
懐石料理が順番に出てきました。どれも、美味しかったです。

木々の緑に囲まれ、川のせせらぎと涼風そして蝉の声。
心も体も、ゆる〜りと癒される感じです。

私たちがゆっくり食事をしていたせいか
予約客が多かったせいか
料理を食べ終わって時計をみると3時間経っていました。

京都市内の気温は、33〜34度はあったかと思いますが
その時には、涼しいというより少し肌寒いくらいの涼夏でした。


DSCF9011.JPG

貴船(きぶね)は、気生根(きふね)ともいわれ
「気」の「生」まれる「根源」の地という意味があるそうです。

ストレス社会がささやかれる昨今、
疲れた「気」を清浄・癒すことで、新しい活力を生み出す!!

といったところでしょうか。



タグ:京都