2012年07月28日

数寄屋造近代和風住宅 旧木下家住宅 in 舞子公園


明石海峡大橋を望む、舞子公園の片隅に
数寄屋造近代和風住宅 旧木下家住宅があります。

旧木下家住宅は、又野良助(またの りょうすけ)氏の
私邸として1941年(昭和16年)、
第二次世界大戦の戦時中に完成しています。

戦後の1952年(昭和27年)に、木下吉左衛門氏の所有となり、
2000年(平成12年)に、故木下吉治郎氏のご遺族から
兵庫県に寄贈を受けています。


DSCF8060.JPG

数寄屋造(すきやづくり)とは、茶室風の様式を取り入れた建物のことで
装飾を排し簡潔な造りで、わびさびを重んじた建築物のこと。

安土桃山時代から江戸時代にかけて完成した
建築様式の1つといわれ、数寄屋造の代表例として
京都の「桂離宮」や「修学院離宮」があげられます。

旧木下家住宅は、創建時の屋敷構えを
ほぼ完全に残す貴重な建物として、
2001年(平成13年)12月に、国の登録有形文化財に登録されました。


DSCF8061.JPG

旧木下家住宅へは、JR線の北側
舞子公園内の松林を横切り北上した所にあります。


DSCF7965.JPG
↑舞子公園の松林。
 緑に覆われた地面と松の風景は、清浄さの中にも威勢を感じます。


DSCF7970.JPG
↑JRの線路を越え舞子公園の松林を横目に北上すると
 木々が生い茂る「旧木下家住宅」の入口にたどり着きます。
 この階段を登り、ずずいーっと奥まで。


DSCF8088.JPG
↑木に囲まれた小径が続きます。塀の向こうは、前庭になっています。

DSCF7979.JPG
↑やや長めの小径を行くと、建物の玄関が見えてきます。

DSCF7987.JPG
↑応接室です。大きな窓からは、緑豊かで涼やかな前庭が見えます。
 部屋の角を壁ではなく、窓にすることで室内に
 ゆったりとした開放感がうまれています。


DSCF7985.JPG
↑主屋の広縁。広縁の右側に座敷があり前庭が見渡せるようになっています。

DSCF7990.JPG
↑主屋の広縁を外から見ると、こんな感じ。
 庇の下には、欄間のようなものが施されています。
 さりげないおしゃれが、心憎いですね。


DSCF8032.JPG
↑広縁の天井は、数寄屋造や純和風建築などで、しばしば見かける
「船底天井」と呼ばれる、勾配のついた天井になっています。

また、右側の欄間には聞香で使用される「源氏香」の
模様が施されています。

上部を見上げる人も少ないと思いますので
こういう古い建築物を見学するときは、
ぜひ、頭上にも目を配ってみてください。


DSCF8016.JPG
↑広縁の突き当たりには、書院があります。
 雪見障子から前庭が見え、品と落ち着きのある部屋になっています。
 この窓から、ぜひ雪景色を眺めてみたい・・・。


DSCF8035.JPG
↑書院の室内。

DSCF8006.JPG
↑外から見た書院。雰囲気があってステキです♪

分かりますか?
庇を支える3本の柱、土台は石なんですよ!


DSCF8084.JPG
↑座敷には床の間があり、そこに使われている木材の使い方や配置の仕方など
 何気ない所にも、こだわりが見え隠れしていました。


DSCF8027.JPG
↑床の間の天井も、凝っています。
 確か「三色木目網代編み(?)」と係の方が言っていた気がします。
 説明によるとこの技法、編める人がもういないんだそうです。
 (間違ってたらすみません。。。)

私が拝観したときには、ボランティアのガイドさんがいて
使われている木材やその技術など各部屋の見所や
部屋の役割と諸処のいわれ、お庭などについて、
分かりやすく説明してくださいました。

ガイドさんの説明がなければ、気付くこともなく
見落としていたと思われる、工夫やこだわりを
各所に見ることができました。

おもてだった華やかさはないけれど
見えないところで、ちょっと粋なことをする
それが「数寄屋造」なんだと、ひしひしと実感しました。

DSCF8003.JPG
↑中室から縁側への出入口。建具は夏仕様の葦を使った
 「夏障子」になっています。風流でいいすね〜。


DSCF7997.JPG
↑縁側から見た中庭。旧木下家住宅には、前庭と中庭の2つのお庭があります。
 左に見える丸い窓は、茶室の待合いになっています。


DSCF8052.JPG
↑待合いの丸い窓の外には、燈籠やつくばいが配置されています。

よ〜くご覧ください。何か気付きませんか?

そうです、手前にある柱は石の上に乗っています。
そんなことをよく考えたな〜、と思わず関心しました。


DSCF8021.JPG
↑茶室です。本格的な造りになっていて、思わず正座してしまいました。

DSCF8023.JPG
↑茶室のにじり口です。天井は、外部にある庇を室内に入れ
 屋根裏を見せる「掛込天井」を用い、ありのままの姿を
 大切にする技法を採用しています。 


DSCF8043.JPG
↑にじり口と障子を開けると中庭が見えます。
 当時の人はこの茶室から見る中庭を、どのように眺めたのでしょうか。


DSCF8072.JPG

数寄屋造近代和風住宅 旧木下家住宅は
敷地面積、約2209平米(約668坪)
総建築面積、約343平米(約103.7坪)
という立派な建物。

ですが、よくよく考えると
第二次世界大戦の戦火を逃れ、阪神淡路大震災での被害も少なく
ここまで無事に生き抜いてきた住宅ともいえます。

そう思うと考え深いものがあり、
施工主や建築にたずさわった職人さんの想いを感じながら
建物内をもう一度、見学し直しました。

造った人や住んでいた人は、
この建物が、こんなに大切にされ
国の登録有形文化財に登録されたことを
草葉の陰で自慢しているかもしれませんね。



タグ:神戸
posted by ショコラ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 名建築

旧鐘紡舞子倶楽部 旧武藤邸 in 舞子公園


明石海峡大橋を望む、舞子公園内に
「孫文記念館(移情閣)」と隣接する建物があります。
↑「孫文記念館(移情閣)」のブログは、こちらをクリック!

それが、旧鐘紡舞子倶楽部・旧武藤山治邸です。

DSCF7899.JPG

旧鐘紡舞子倶楽部・旧武藤山治邸は、
鐘紡(のちのカネボウ株式会社)の中興の祖と言われ
衆議院議員としても腕をふるった武藤山治氏が
明治40年に建てた木造二階建ての住宅です。

設計は当時、横河工務所に勤め帝国劇場などの建設に関わった
大熊喜邦(おおくま よしくに)が手がけています。
旧武藤山治邸の建築の後、大熊は「国会議事堂」などの建設を統括しています。

2011年7月に、旧鐘紡舞子倶楽部・旧武藤山治邸は
国の登録有形文化財として登録されました。


DSCF7896.JPG

この建物は、周囲をベランダで囲んだコロニアル様式で建てられ
円形のバルコニーや外観の下見板張、
屋根の天然スレート葺きなどが特長です。

武藤山治氏が亡くなったあとは、鐘淵紡績株式会社に寄贈され
「鐘紡舞子倶楽部」と名付け、福利厚生施設として利用されていました。


DSCF7839.JPG
↑1階の食堂です。家具や暖炉は当時のものが残っているそうです。

DSCF7840.JPG
↑天井もおしゃれで木目もキレイ!
 照明の根本は、地中海地方に多く分布する
 アーカンサスという植物のレリーフが施されています。

また、天井と壁の境目には廻縁(まわりぶち)が用いられ
細かな作業がされています。


DSCF7845.JPG
↑別の角度から見た食堂。
 ドアの向こうはホールになっていて、2階への階段があります。


DSCF7885.JPG
 食堂の内側のドアです。
 このドア枠やドアヘッドの装飾をはじめ
 建具も立派で、とても手が込んでいます。














DSCF7888.JPG
↑食堂横のホールからの眺めです。

お気づきでしょうか?

食堂の内側のドアと、ホール側のドアでは
ドア枠やドアヘッドのデザインが違っています。


DSCF7887.JPG ホール側のドアヘッドを
 拡大すると、こんな感じ。

 内と外で、デザインを
 変えるなんて!!すごい!
 コスト削減を前提に造る
 現代では、ほとんど
 採用されることはないでしょう。

 その心の豊かさや、物作りへの
 こだわりが、その時代には、
 ちゃんとあったんだと
 うれしくなりました。


DSCF7851.JPG
↑大きな窓と、どっしりとしたソファが置かれた応接室。
 しっとりと品のある雰囲気です。


DSCF7855.JPG
↑ホールには、2階への階段があります。
 赤い絨毯が敷かれた階段横には、ステンドグラスがはめ込まれ
 おしゃれな空間を演出しています。


DSCF7890.JPG
↑ステンドグラスを建物の外から見ると、こんな感じです。
 細工がセンス良く仕上がっています。

2階には、広間・貴賓室・書斎があり
円形のバルコニーが、海辺の開放感を一層もり立てています。


DSCF7869.JPG
↑書斎は、入室禁止になっていましたが
 どっしりとした空間が漂っていました。


DSCF7878.JPG
↑広間の窓からの眺め。円形のバルコニーの向こうには
 ホテルセトレと舞子の海が見え、
 海辺のリゾート地ならではの風景が広がります。


DSCF7860.JPG
↑広間の大きな窓からは、雄大な「明石海峡大橋」が見えます。

窓ガラスも古く、現代のように屈折なく見通せるガラスの製造技術が
まだなかった時代のもの。

古い窓ガラスは、歪みがあり物が屈折して見えたりします。
逆に現代で、こんなガラスを造る方が難しいと聞いたことがあります。

古い年代の建物を見学するときに、少し注意して見てもらうと
発見があって楽しいですよ。

旧鐘紡舞子倶楽部・旧武藤山治邸の窓ガラスも古いので、
明石海峡大橋が少し歪んで見えます。
写真では、分かりにくいかもしれませんが・・・。


DSCF7804.JPG
↑体験ツアーで明石海峡大橋から見た
 「孫文記念館(移情館)」画面左手前と「旧武藤山治邸」画面右奥。


明石海峡大橋の主塔・塔頂、体験ツアーの様子(ブログ)は
こちらをクリックするとご覧になれます!


旧武藤山治邸の後ろ(画面右奥)にあるビルは
明治天皇の書道と歌道の師範を勤めた
四親王家のひとつ、有栖川宮(ありすがわのみや)家の
別邸跡地に建つ「シティーホテル舞子ビラ神戸」です。

有栖川宮家9代目の熾仁(たるひと)親王が
丘陵からの眺めをいたく気に入られ
別邸を建設(明治27年竣工)したそうです。

熾仁親王は、17歳のときに孝明天皇の妹・和宮親子内親王と婚約。
ですが、大老・井伊直弼や関白・九条尚忠らの公武合体策のもと破談となり
皇女和宮は、将軍・徳川14代目の家茂のもとへ降嫁することになります。

ちなみに、有栖川宮家は後嗣がなかったことから
10代目の威仁(たけひと)親王を最後に断絶しています。




少し横道にそれたので、元に戻ります。。。

本来、旧鐘紡舞子倶楽部・旧武藤山治邸には、
今回紹介した洋館のほかに、付属棟・和館などが
併設されていました。

福利厚生施設として、しばらくの間利用されていましたが
1995年(平成7年)に、明石海峡大橋の建設にともなう
国道2号線の拡張工事のため、洋館のみが
神戸市垂水区狩口台へ移築されました。

それから12年後の2007年(平成19年)、
カネボウ株式会社より、家具・絵画・蔵書などと共に
兵庫県へ寄贈され、現在の舞子公園内に移築・復元され
2010年(平成22年)11月より公開されています。


タグ:神戸
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名建築

孫文記念館(移情閣) in 舞子公園


明石海峡大橋の袂、舞子公園の中に
「孫文記念館(移情閣)」があります。

この記念館は、中国の革命家・政治家・思想家である「孫文」を
顕彰する日本で唯一の博物館です。


DSCF7827.JPG

もともとは神戸で活躍していた中国の実業家・呉錦堂の
海松別荘が前進で、のちに別荘の東側に
八角三層の楼閣が建てられました。

楼閣の八方の窓からは
六甲山、大阪湾、紀州、淡路島、瀬戸内海、播磨など
様々な風景や異なった趣を楽しめることから
「移情閣」と呼ばれるようになりました。


また、どこから見ても外観の三面が見えることから
当時は「舞子の六角堂」とも呼ばれていたそうです。

今から約100年前の1913年(大正2年)、孫文が亡命中に来神し
神戸の中国人、経済界有志が開いた移情閣での
歓迎会がきっかけで、この建物との関わりが始まったといわれます。


DSCF7637.JPG

移情閣の外壁には、大小様々なコンクリートブロックが使われ
現存する国内最古のコンクリートブロック造の建物として評価されています。

1993年(平成5年)12月に「兵庫県指定重要有形文化財」に指定され、
2001年(平成13年)11月に「国の重要文化財」に指定されました。


DSCF7924.JPG
↑八角形に作られた移情閣の造りや仕様は、見事の一言!

中央部のテーブルには、パソコンが置かれ舞子公園内や
移情閣についての説明映像が見られるようになっています。


DSCF7925.JPG
↑緑の壁紙が凄く美しく、天井の仕様も素晴らしい!
 天井の中央部の彫刻にも注目してください。


DSCF7926.JPG
↑鳳凰と牡丹の彫刻の素晴らしさには、ため息がでます。

DSCF7935.JPG DSCF7936.JPG
↑この緑の壁紙は「金唐紙(きんからがみ)」と呼ばれ
 和紙と金箔で作られる日本の伝統工芸で、明治時代の製法で作られています。

表面はエンボスのように凹凸があり
模様が立体的に浮かび上がっています。

一見すると壁紙ではなく、漆喰を塗った壁に
色を付けたかのように見え、とても華やかです。

また、木枠と金唐紙との境目には、金のロープが施され
職人の細かなこだわりが見受けられます(写真右)


金唐紙は、明治から大正にかけて一世を風靡し、
鹿鳴館や国会議事堂を飾り、
海外では、バッキンガム宮殿に採用されたと伝えられています。

現在、国内で見られる金唐紙は、ごくわずかなんだそうです。


DSCF7941.JPG
↑移情閣の内部にある階段にも金唐紙を仕様しており
 木の腰壁と照明のほのかな明かりが、
 大正ロマンの雰囲気を醸し出しています。


DSCF7929.JPG
↑一方、孫文記念館の廊下の壁や天井は白で統一され、
 絨毯の赤がひときわ目を引いていました。


DSCF8171.JPG

1983年(昭和58年)11月、「移情館」は神戸華僑総会から
兵庫県に寄贈され、改修されました。

翌年の1984年11月12日、孫文の誕生日にあわせ
「孫中山記念館」として一般公開。

1994年3月、明石海峡大橋の建設にともない
いったん解体し、西南方向約200mの
現在の場所に移転・復元工事が行われ2000年4月に完成。

2005年10月「孫中山記念館」から「孫文記念館」に改称しています。



タグ:神戸
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名建築

「明石海峡大橋」のてっぺんに登りました!


神戸市垂水区舞子と淡路島を結ぶ、
全長約3,911m世界一長いつり橋、しかも2つのギネス記録を持つ
「明石海峡大橋(愛称:パールブリッジ)」の
てっぺんに登ってきました!!

私が参加したのは「ブリッジワールド」が主催する
体験型ツアーです。

普段は立ち入れない管理用通路から
明石海峡大橋のてっぺん(主塔の塔頂)までを
橋の建設に携わったツアーリーダーが案内してくれます。


DSCF7628.JPG

集合後に、ツアーの注意事項と説明があり誓約書にサイン。
ヘルメットをかぶり、カメラや携帯を落とさないよう
ストラップにつなぎ首から下げて
明石海峡大橋の主塔登頂の体験ツアーがスタートします。

最初は、明石海峡大橋と隣接する「橋の科学館」で
ツアーリーダーの方が、世界最長の橋の建設や技術・歴史などについての
説明があります。ジョークなどを交えながら話をしてくれるので
とても分かりやすい内容でした。


DSCF7647.JPG 1999年(平成11年)4月、明石海峡大橋は
 2つのギネス記録の認定を受けました。

 1)中央支間長(主塔から主塔までの長さ)が
   一番長い橋 → 約1,991mあります

 2)主塔の高さが一番高い橋
   → 海面から約300mあります

↑「橋の科学館」では、この2つの認定証を展示しています。



DSCF8177.JPG

明石海峡大橋は、約40年の調査期間を経て
1988年(昭和63年)5月、現地工事に着手
およそ10年の歳月をかけて1998年(平成10年)4月に完成しました。

ところが、完成の約3年前(1995年・平成7年、1月)に
阪神淡路大震災が発生、震源地は現地から約1km離れた場所でした。

ただちに調査が行われ、地震の地殻変動で
主塔と主塔の間が約1m広がっていることが判明。
構造計算など強度に関する見直しの結果、部材の寸法変更だけで
安全が保たれることが分かり、工事は無事完成。

その結果、中央支間長(主塔から主塔までの長さ)が
約1,990m → 約1,991m になったのだそうです。


DSCF7635.JPG
↑明石海峡大橋の真下から淡路島方面を望む。
 この橋桁(はしげた)の中を歩きます。


DSCF7649.JPG
↑「橋の科学館」での説明が終わり、
 いよいよ明石海峡大橋の登頂に向けて出発です。


DSCF7655.JPG
↑普段は入れない管理用通路を歩きます。
 当然のことながら、眼下は大海原が広がっています。


DSCF7657.JPG
↑海を真下に見ながら普段、味わうことのない体験に
 ワクワク&ドキドキ♪♪刺激があって楽しい!!


DSCF7667.JPG
↑この橋桁(はしげた)の中を、舞子から淡路島に向かって
 約1kmほど歩きます。私たちの頭上は、車が走っている道路です。


DSCF7660.JPG DSCF7658.JPG
↑海面から約65mの高さとなる橋桁の中は、
 溝ぶたのような格子になっていて海が丸見え!
 ちょっと足がすくみます、高所恐怖症の方は無理かも。。。
 主塔までの約1km、この状態が続きます。


DSCF7673.JPG
↑主塔に到着!!真下には、主塔を支える丸く白い基礎部分が見えます。

DSCF7678.JPG DSCF7681.JPG
↑てっぺんの98階までは、エレベーターで約2分!あっという間に到着です。

DSCF7682.JPG DSCF7683.JPG
↑エレベーターを降り、通路を歩き階段を登ると
 ギネス認定!世界一高い主塔のてっぺんです!


DSCF7684.JPG
↑写真の右側は、神戸市の舞子方面。左側は、淡路島方面です。
 参加者みんな、高欄から覗き込むように眺望を楽しんでいます。

ギネス記録が認定された約300mの主塔の高さは
奥に見える四角い塔の上部までの高さで
東京タワー(約333m)とほぼ同じです。


DSCF7699.JPG ちなみに、ツアー参加者が
 立っているのは、
 海面から約289mの主塔中心部。

 東京タワーの特別展望台の高さは約250m、
 横浜ランドマークタワースカイガーデンの
 展望フロアの高さは約273m、
 東京スカイツリーの天望回廊の高さは約450m。


2012年5月22日までは、明石海峡大橋が
日本国内で一般人が登れる最も高い建築物だったのですが
世界一高い電波塔としてギネス記録に認定された
「東京スカイツリー」の開業にともない
その座を譲り渡すこととなりました。


また現在、立て替え工事中の大阪・阿倍野の
「あべのハルカス」が完成(2014年3月竣工予定)すれば
高さ約296mの横浜ランドマークタワーを抜き
高さ約300mの日本一の超高層ビルとなります。

「あべのハルカス」の展望台も、
屋上付近に予定しているらしいので
明石海峡大橋は、また席を譲ることになるかもしれません。




長い前置きはここまでにして・・・。
では、ご覧いただきましょう!

ため息がでる圧巻の風景、
これが「明石海峡大橋」主塔からの眺望です!!


DSCF7689.JPG
↑神戸市の舞子方面の眺望です。

DSCF7688.JPG
↑真下を見ると、米粒のように小さい車が往来しています。

DSCF7704.JPG
↑3つのアーチを描く砂浜がアジュール舞子の海岸(右奥)で、
 その奥は、須磨や三宮方面です。


DSCF7737.JPG
↑写真の左側は、明石方面です。
 この日は、太陽の日差しがサンサンと降り注ぐ暑い日でしたが
 海面から約289mの上空を吹く風は、心地よかったです。



そして、こちらが淡路島方面の眺め!!
少しスモックがかっていますが、伸びやかで広大な風景です。


DSCF7746.JPG
↑2本目の主塔があんなに小さく見えます。
  今、私たちが立っている主塔から向こうに見える
 主塔までの長さ(約1,991m)がギネス記録に認定されています。


DSCF7750.JPG
↑霞んでいるのが少し残念ですが、
 淡路島と青い海のコントラストが良い感じです!!


DSCF7725.JPG
↑明石海峡では、1日に約1,400隻の船が往来するそうです。
 背の高い船でも通れるように、橋桁は海面から約65mの高さに
 設計されています。



主塔での約20分の滞在時間を堪能し、てっぺんから降り
来た道から少しコースを変えて戻ります。


DSCF7794.JPG

体験ツアー終了から数時間後、夕暮れを迎えます。

DSCF8154.JPG

太陽の就寝後には、明石海峡大橋のイルミネーションが始まります。

ライトアップパターンは、
国際的な照明デザイナーの石井幹子さんがプロデュース。

1092個の特殊照明装置(イルミネーションランプ)により、
四季折々に光の表現で姿を変える大橋が
夜の明石海峡をロマンティックに演出。

神戸の夜景&デートスポットになっています。


DSCF8205.JPG



〜 「日本書紀」巻第13の話 〜

紀元14年、允恭天皇(いんぎょうてんのう)の御代に、
帝が淡路島を訪れ猟をしました。
ところがいつもは大猟なのに、その日は一獣もとれません。

そこで、占いをたてたところ
島の神のお告げがあり、明石の海底にある真珠を探し献上せよ。
とのこと。

里中の海人(もぐり手)が海に潜りますが、
誰も海底深淵に、たどり着けません。
そんな中、阿波国・長村の海人が現れ
光を放つ岩陰に大きな鮑を見つけ、手に取り海面に上がります。

大鮑の中には、桃ほどの見事な真珠が入っていて
帝がその真珠を神に捧げると、大漁の猟がとれ民が潤った。
と書かれています。


明石の海と淡路島、真珠が登場するこの物語を知ってか否か、
明石海峡大橋は「パールブリッジ」の愛称で知られています。
不思議な縁ですね。





タグ:神戸