2012年06月23日

「八重の桜」新島 襄と八重が暮らした新島旧邸


京都市上京区寺町にある、
新島八重とその夫、新島 襄が暮らした「新島旧邸」です。

新島八重とは、2013年1月スタート予定の
「八重の桜」の主人公で、本ブログの
『2013NHK大河ドラマ「八重の桜」4つの時代を生きた女性』
で紹介しています。
 ↑クリックするとブログが開きます

新島 襄の幼名は「七五三太(しめた)」、
元服後の名は「敬幹(けいかん)」といいます。
アメリカ在住の頃、周囲からジョウ(ジョセフ)と呼ばれていたことから
帰国後、自身の名を新島襄(じょう)と改めたのです。


DSCF6776.JPG
↑同志社大学の創立者、新島 襄と妻の八重が暮らした新島旧邸

1878年(明治11年)9月初めに竣工し
1985年(昭和60年)6月1日、調度・家具類を含めて
京都市の有形文化財に指定されました。

もともとこの敷地には、幕末まで禁裡幕府の御用大工棟梁の
中井家の屋敷があり、堂上華族の高松保実が所有していました。

そこで、新島 襄は1875年(明治8年)11月29日、
その高松保実邸の半分を賃貸し「同志社英学校」を開校し
同志社大学の発祥の地となりました。
また、開校したこの日は、同志社大学の創立記念日となっています。
(ちなみに開校の1ヶ月前に、襄と八重は婚約しています)

翌年、学校は旧薩摩藩邸(現在の京都・今出川キャンバス)へ移りますが
その後、新島 襄は高松邸を買い取り自宅を建築。
この新島旧邸で、二人は結婚生活を送り
八重は86歳で亡くなるまで、ここで暮らしました。


新島 襄の西洋文化にふれた10年の歳月を物語るように
和に洋を取り入れた当時としては、先進性の高い和洋折衷の建築物です。


DSCF6591.JPG
↑新島旧邸は寺町通りに面し、道路を挟んだ目の前は「京都御所」です

DSCF6599.JPG
↑木戸をくぐると玄関へと通じる白い砂利道のアプローチが伸びています。
 玄関は、木々の葉で埋もれそうです。


DSCF6609.JPG
↑窓の上には、欄間が設けられガラス戸の外側には、観音開きのルーバー扉がつています。
 雨戸を鎧戸にしたようなイメージです。
 アメリカ帰りとあって、和と洋をうまく取り入れたデザインになっています。


DSCF6628.JPG  DSCF6637.JPG
↑玄関を入った正面は2階への階段。その右手には応接間があり
 八重が愛用したといわれるオルガンが置いてありました。

 結婚の翌年(1877年頃)八重は、女子に裁縫や読み書きを教える
 京都女紅場(にょこうば)の経験をもとに私塾を始めます。
 これが、現在の同志社女子大学の前身となりました。

 夫は「同志社大学」を、妻は「同志社女子大学」の基礎を築いたのです。


DSCF6640.JPG
↑約18畳はどの応接間には、当時使われていた机やイスがそのまま置かれています。
 ここは、生徒が集まって勉学に励む場であったり
 職員室や会議室として使用するなど多目的に使われていたそうです。

 「同志社英学校」の開校当時、生徒はわずか8名でしたが、その中に
 のちのジャーナリスト「徳富蘇峰(とくとみ そほう)」がいたといわれます。

 結婚当時の八重の服装は、着物を着て頭には帽子、
 足には草履ではなく靴を履いていたのだそうです。
 その姿を見た、徳富蘇峰は
 「頭と足は西洋、胴は日本という鵺(ぬえ)のような女がいる」と
 強く非難したそうです。

 ですが、新島 襄の闘病のおり八重の献身的な看病をみて
 今までの非礼を詫び八重と和解したといわれます。


DSCF6634.JPG
↑応接間には、勝海舟が新島 襄に贈った「書」が掛けられていました。
 勝海舟の座右の銘が書かれているそうです。達筆すぎて読めない・・・。


DSCF6748.JPG
↑冬でも暖かく過ごせるよう暖炉の機能をもつ
 「セントラル・ヒーティング」(左側の黒く四角いもの)が配置されています。
 この装置は、ダクトを通じ余熱で2階の各部屋も暖められるようになっています。

 また、室内に真夏の太陽が入りにくくなるよう奥行きのある庇を設けたり
 床を高めに造ったり、夏も涼しく過ごせるよう工夫されています。

 洋風の印象が強い室内ですが、
 壁は伝統的な和風建築に用いられる「真壁造り」になっています。

DSCF6615.JPG  DSCF6685.JPG
↑1階(写真左)の東、南、西の3面廊下(縁側)は幅広く造られ庇にも奥行きがあります。
 2階(写真右)も1階と同じ3面のバルコニーになっています。
 当時、東側のバルコニーからは「大文字山」がよく見えたそうです。


DSCF6653.JPG
↑新島 襄が書斎として使っていた部屋です。
 本棚に納められた書物の8割は洋書だったそうで、
 学生は図書館のように使っていたとか。
 その本は今、同志社社史資料センターに保管されているため
 本棚にはレプリカがレイアウトされています。


DSCF6661.JPG
↑ここも、机やイスといった家具類も当時のままだそうです。
 書斎の机は、壁際ではなく部屋の中央近くに置かれていました。
 これも、西洋風なのでしょうか。

 ちなみに、今は畳敷きになっていますが
 当時は全ての部屋が板張り(フローリング)だったのだそうです。


DSCF6644.JPG
↑襄が亡くなったあと、八重が洋間を和室に改造したのだそうです。
 茶道のたしなみも高かった八重は、ここでも師弟に茶道を教えていたのでしょうか。


DSCF6723.JPG
↑新島八重の若い頃から晩年の写真。茶道の様子もうかがえます。
 (ケース越しに撮影しているため、他のものが写り込んでいます)

夫・新島 襄がハンサムウーマンと称えた妻・八重は
この場所で、日清・日露戦争を経験し民間女性初の叙勲を褒章する
日本のナイチンゲールへと歩んでいきます。


DSCF6701.JPG
↑当時、台所は土間にすることがほとんどでしたが、ここの床は板の間になっています。
 しかも、室内に井戸(右奥につるべがあります)がある台所です。
 現代のシステムキッチンと同じような並びになっていて、
 同時にしては先進性の高い仕様だと思います。

 台所のかまど横には、勝手口があり附属屋へ続いています。付属屋は
 新島の両親の隠居所として江戸藩邸にあった住居に準じて造ったのだそうです。

DSCF6707.JPG
↑台所は天井も高く、天窓から明かりが採れるようになっています。

DSCF6665.JPG
↑食堂のテーブル・イス・食器棚などの家具類も文化財に指定されています。
 中央の奥に見えるのは、台所です。


DSCF6642.JPG
↑階段下は、収納できる箱階段になっています。

DSCF6755.JPG
↑2階への階段は、玄関を入った正面の階段と食堂横からの階段、
 2箇所ありました。なんだか贅沢な造りでビックリです。


DSCF6690.JPG
↑2階には、居間と寝室の4部屋があります。
 寝室には、新島夫婦が愛用したベッドが置かれていました。


DSCF6672.JPG
↑押入れの襖絵もおしゃれです。
 入口横の床に黒く四角いものがありますが、これが先ほどの
 セントラル・ヒーティングの吹き出し口です。


DSCF6680.JPG
↑どの部屋にもいえるのですが、窓が大きく採光や通風もよく
 開放感のある住空間になっていました。


DSCF6759.JPG
↑吹き抜け階段の上部には窓が設けられ、気持ちの良い空間になっています。

DSCF6608.JPG  DSCF6699.JPG


2012年、同志社大学は創立137年を迎えます。大学の設立に奮闘・貢献した
新島 襄と八重は今、京都市左京区若王子山の同志社墓地に眠っています。




※このブログは、「新島旧邸」を管理している
 同志社社史資料センター様の許可を得て、写真などをブログ公開しております。


タグ:京都
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名建築