2012年05月05日

池の対岸まで横断する<樹齢130年のキリシマツツジ>


やっと太陽が顔をみせたゴールデンウィーク。
最寄り駅から徒歩10分ぐらいで、たどり着いた場所は
学問の神様、菅原道真公を御祭神とする長岡天満宮。

道真公は梅をこよなく愛し、邸宅は紅梅殿・白梅殿と呼ばれていたそうです。
太宰府への左遷のおり、紅梅殿に咲く梅に
「東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」
と詠み、その梅が後に太宰府の道真公まで飛んできたという「飛梅伝説」もあります。


DSCF4134.JPG
↑社殿にちりばめられているのは「梅」の社紋。

↓そしてこの神社は、印象的な朱色のキリシマツツジの名所でもあります。

DSCF4257.JPG

何年かぶりに来てみたら、何やら鳥居が新しくなっているような。。。
それもそのはず、50年に一度行われる「菅公御神忌1100年大萬燈祭」が
平成14年に行われ、その奉賛として
平成10年に、新しく総御影石の大鳥居が奉納されたんだそうです。


DSCF4037.JPG  DSCF4070.JPG

ということは、最後に来たのは14年以上も前か???
いや違う、記憶では・・・。
随分前過ぎて、ただ単に大鳥居のことを覚えていなかっただけのようです(苦笑)

その大鳥居から、八条ヶ池を横断する中堤が対岸まで、まっすぐ伸びています。
中堤の道を彩るのが、このキリシマツツジ。


DSCF4110.JPG

威勢良く伸びた樹高は、人の背丈以上にあり
これが樹齢130年の実力!と言わんばかりに風景を圧巻しています。


DSCF4042.JPG
↑燈籠や提灯が雰囲気を盛り上げています

DSCF4082.JPG  DSCF4083.JPG
     キリシマツツジの向こう側に、二つの提灯が!まるで同化しているよう↑

社殿へ向かう境内には、イロハモミジやピンク・薄紅色のツツジ、
実をつけた梅の木、保存樹木に指定されたムクロジなど
新緑まばゆい初夏の風景が広がっていました。


DSCF4050.JPG  DSCF4109.JPG

帰りは、八条ヶ池の周りをぐるりと一周!
若葉が作り出す木立の回廊からの眺めも、清々しくて散策にピッタリです。


DSCF4221.JPG  DSCF4231.JPG


posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | 花巡り