2012年04月19日

戦国時代からの桜花<又兵衛桜(またべえざくら)>

春うららかな陽気に誘われて、訪れたのは
奈良県宇陀市本郷の「又兵衛桜(またべえざくら)」です。

通称名は、「本郷の瀧桜」ともいいますが
「又兵衛桜」のほうがよく知られているようです。

爆弾低気圧のおかげでしょうか、今年は1週間ほど開花が遅れたようです。
おかげで、鯉のぼりが風をつかまえ、ツバメが空を滑るように飛んでいる
そんな五月の風景ただよう中で、お花見を楽しむことができました。


DSCF3905.JPG

DSCF3921.JPG

バックの桃の花や山々の緑とのコントラストも良く、
春の空によく映えるこの桜は、エドヒガン科のしだれ桜で
樹高13m、幹周り3m、樹齢約300年といわれています。


DSCF3799.JPG  DSCF3802.JPG
↑家来のように「又兵衛桜」に従える、色鮮やかな桃の花

2000年のNHK大河ドラマ「葵 徳川三代」のオープニング映像で
使われたのをきっかけに、多くの観光客が訪れるようになったとか。


DSCF3816.JPG

司馬遼太郎や池波正太郎などの歴史小説にも登場している
“後藤又兵衛基次”がこの桜の名前の由来のようです。

大坂夏の陣では、戦力を期待され
徳川家と豊臣家の両方から誘いを受けますが
「豊臣には味方をすることで、徳川には合戦初日で死ぬことで
このご恩に報いたい」と豊臣側で参陣、自刃したといわれています。

ただ、一説には合戦を生き延び僧侶となって
この大宇陀で生涯を閉じたという説もあり、
この桜はその屋敷跡にあることから「又兵衛桜」と呼ばれているそうです。


DSCF3749.JPG

この雄大な桜は、戦国時代から平成の世までのこの長い歴史を
どのように想い、どのように眺めてきたのでしょう。

この桜が、ここに根付き花を咲かせ始めた頃、
その時代の人々は、こんなにも長く桜花を咲かせるとは
思ってもいなかったでしょう。


DSCF3897.JPG

この桜が見頃を迎える頃、数万人の観光客が訪れるといいます。
輪廻転生が本当にあるなら、数百年という永い年月を経て
前世でこの桜花を眺めた人々が、再びこの「又兵衛桜」に
会いにきているのかもしれませんね。



タグ:奈良 お花見
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | 花巡り

2012年04月18日

<大野寺>樹齢約300年の小糸しだれ桜

珍しい品種の“小糸しだれ桜”と数十本の“紅しだれ桜”の
見事な競演が観賞できるのは、奈良県宇陀市にある「大野寺」です。


DSCF3523.JPG

なかでも、樹齢約300年といわれる2本の“小糸しだれ桜”の
迫力はすごかった。


DSCF3573.JPG

DSCF3556.JPG

桜の寺としても有名なこのお寺は、
女人高野といわれた真言宗「室生寺」の末寺。

寺伝によると白鳳9年(681年)に修験道の開祖である
役小角(えんのおづぬ)がこの地を大峰山修験道の修行の場にしたとされ
その後、天長元年(824年)に、弘法大師が室生寺を開創。

その「室生寺」の“西の大門”に位置するのがこの「大野寺」。
ちなみに“東の大門”に位置するのが「佛隆寺」なんだそうです。


DSCF3560.JPG

DSCF3533_2.JPG  DSCF3550_2.JPG

対岸、宇陀川の岸壁には、鎌倉初期に造顕されたといわれる
高さ約13.8mの日本最大級の
弥勒磨崖仏(みろくまがいぶつ)が拝観できます。


DSCF3686.JPG  DSCF3585_2.JPG
↑遠いので、見えにくいかもしれませんが、うっすら弥勒様が見えます。

「大野寺」の境内を奥に進むと、
雪柳、山吹、ツツジ、水仙、木蓮などが咲き乱れるお庭になっていました。


DSCF3597.JPG

DSCF3599_2.JPG  DSCF3592_2.JPG

一番奥でひっそり咲く
紫色のシモクレンと桜の共演は、本当に見事でした!


DSCF3614.JPG  DSCF3525.JPG

posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | 花巡り

2012年04月16日

京都・桜の隠れ里<原谷苑>

「原谷苑」は仁和寺や金閣寺、龍安寺の北側にある
衣笠山を越えた場所にあります。

個人所有のためガイドブックなどには載っていませんが
約4000坪の桃源郷のような苑内の美しさが、
噂が噂を呼び、知る人ぞ知る桜の名所となりました。


DSCF3415.JPG

苑内には、枝垂れ桜をはじめ約20種類・数百本の桜や
ツツジ、雪柳、レンギョ、しゃくなげなどピンク・白・黄色など色とりどりの花々が
百花繚乱の世界を生み出していました。

苑内に足を踏み入れた、その一歩からすごいんです!!
その景色は、圧巻としか言いようがありません。


DSCF3423.JPG

DSCF3443.JPG

手をつなぐように春の青空めがけ伸びた桜の枝たちが
私たちの頭上で、桜のアーチを作り柔らかな空間を演出しています。


DSCF3417_2.JPG  DSCF3395_2.JPG

まるで、花たちが作ったドームの中にいるような幻想的な世界。
花のほのかな香りと花を飛び回る蝶々、枝から枝へ飛ぶ小鳥の声
春の妖精が現れそうな長閑さにうっとり。
噂だけで、これだけの観光客が訪れるのも納得です。


DSCF3445.JPG

こんなお花見は、初体験です!!

DSCF3436_2.JPG  DSCF3471.JPG

リピーターも多いというこの「原谷苑」の入苑料は、
花の見頃・開花状況とともに変動します。
いわば、時価といったところでしょうか。
ピーク時の平日は1200円、週末で1500円でした。

すばらしいお花見でしたが観光客の中には、
入苑料についてブツブツ文句いいながら
歩いている人もいたので、そこが唯一の欠点でしょうか。

京都の桜の名所と言われる神社仏閣でも、数百円ですから
それに比べると高いかも・・・。
ただ、公共性のない個人所有なのでこの料金も否めないかもしれませんね。

DSCF3482.JPG

また、駐車場がないため公共機関を使ってのアクセスです。
私が行ったときは、金閣寺の近くから期間限定のシャトルバスが無料で出ていました。
アップダウンの坂がある細い山道なので、徒歩でのアクセスはお進めしません。


DSCF3466.JPG

私的には、満足度指数はかなり高く期待以上の見応えだったので、
来年もまたお花見に行きたいと思っています。

皆さんも一度は、ご覧あれ!





タグ:京都 お花見
posted by ショコラ at 00:00| Comment(0) | 花巡り